2018年07月15日

<オロナイン>

40代の頃に損害保険の保険代理店を営んでいたのですが、そのときに最も多く販売していたのが所得補償という保険です。これは病気やケガで働けなくなったときに保険金が支払われる保険ですが、保険料の割に補償額が大きく良心的な保険だったように思います。

この保険の対象者は給与所得者だったのですが、販売するに当たって一定の制約がありました。それは通常のお給料の「4割までしか保険金を設定できない」という制約です。理由は健康保険で通常のお給料の6割が保障されているからです。会社勤めをしている人でも知らない人が意外に多いのですが、会社員の人は病気をして会社を休んでも健康保険からお給料の6割を疾病手当金として受け取ることができます。

現在、生命保険会社はテレビなどで収入保険のCMを集中的に流していますが、販売するときに疾病手当金の説明をしているのか気になるところです。なぜ、説明する必要があるかと言いますと、無駄な保険料を支払うことになるからです。適切な保険に加入するには適切な情報と説明を受けることが必要です。

*****

年齢のせいか最近は大のほうのトイレにいきましても気持ちよく終えることができなくなってきました。大の物質つまり大物をきれいに切ることができなくなってきたのです。僕のイメージでは肛門が大物をスパッと切ることができない感じです。肛門を包丁とかナイフに例えますと「キレ」がなくなってきた感じです。

昔は、と言いますか若い頃は肛門にキレがありましたので大物をきれいにスパッと切ることができていました。ですから、トイレットペーパーなど使わなくても肛門を汚すことなく大のトイレを済ますことも可能でした。それが、最近はキレがなくなりましたのでトイレットペーパーは必ず使うことになります。

しかも最近はその症状がさらに進んでしまいましてトイレットペーパーで幾度も拭かないときれいにならないのです。僕はそれが気になって気になって仕方ありませんでした。以前も書いたような記憶がありますが、僕はシャワートイレがないと大のほうのトイレを終わらすことができません。そのシャワートイレを使っても幾度もトイレットペーパーで拭かなければきれいにならなくなっていました。僕的にはこの状態はかなり重症です。

キレがなくなった理由をいろいろと考えましたところ、あることに気がつきました。それは痔です。痔の中で有名なものは「イボ痔」だと思いますが、僕はそのイボ痔です。先日、鏡を使って視認しました。イボ痔のせいでキレがなくなったのです。

イボ痔を鏡を使って視認に至った経緯を説明いたしますと、とっかかりは「幾度も拭く必要」の理由に「毛」があるように推察したことにあります。つまり肛門の周りには「肛門毛」がたくさん生えているのですが、その毛に大の物がつくことによって「幾度も拭く必要」が出てくると考えたのです。

そう思ったきっかけはJリーグで活躍しているベテランの大久保嘉人選手です。以前大久保選手がテレビで海外に移籍した頃のお話をしていました。その中で「海外の選手は下の毛を剃っている人のほうが多い」と話していました。大久保選手は海外で「なぜ意味もない毛を生やしたままにしているのか」と逆に質問されたそうです。

この話を聞いていましたので僕も考えました。そして「肛門毛は生やしている意味がない」と結論を出したのです。考えてみますと、肛門毛は大の物がつくというデメリット以外に存在する意味がありません。そうであるなら「剃ってしまおう」と決断したのです。しかし、元来小心者の僕ですので「剃る」ことに対して不安がありました。手を滑らせて肛門の周りの皮膚を切ってしまう可能性があるからです。そこで「剃る」のではなくハサミで「切る」ことにしました。これなら安全です。

このように決めてから数日後、一人のときに決行することにしました。もし、あの妻に切る姿を見られてしまったならなにを言われるかわかりません。僕は誰もいないときを見計らって決行しました。

新聞紙を敷きその上で裸の下半身でかがみこみ鏡をかざしますと肛門付近が映りました。案の定そこには肛門毛が茂っていました。手で触りますと、結構な量を感じることができます。僕は早速鏡を見ながら毛の茂っているあたりにハサミをいれました。ジョキジョキと小気味よい音がしました。しかし、鏡を見ながら切るのは思ったよりも手間取りました。理由は、鏡に映っている画面が実際とは左右反対だからです。

難渋をしながらもなんとか長く目立っている毛を切り終えたのですが、そのときに発見したのがイボ痔だったのです。それも結構な大きさでしたのでショックを受けました。触りますとプニュプニュしており感触は悪くはありませんでしたが、所詮は痔ですので喜ぶわけにもいきません。

それまでもトイレットペーパーで拭くときに異物がある感覚はありました。ですから、漠然と「痔」とは思っていましたが、現実感がなかったのです。ですが、イボ痔を直接見たことで「トイレットペーパーで幾度も拭かなければならない理由」がイボ痔にあるようにも思えてきました。僕は「イボ痔」を治そうと決意しました。

さて、40才以上の年齢の方ですと覚えている方もいるかもしれませんが、以前オロナインのCMは松山容子さんという美しい女優さんが出演していました。その松山さんがCMの最後にこう言うのです。

「痔にもどうぞ」。

以来、僕は肛門が切れて出血したときなどはオロナインを塗っていました。僕の経験ではオロナインを塗った翌日には出血は治っていたように思います。

僕は「イボ痔」を治そうと決意したとき、もちろんオロナインを塗るつもりでいました。ところが、ところがです、、、。深い意味もなくなにげなくネットで「オロナイン 痔」と検索しましたところ、「現在はオロナインの効能として『痔』は書かれていない」と説明されていました。驚きです。オロナインが痔に効き目があるという証拠がないために効能に記載することができなくなったようでした。

現在僕は痔専用の薬を塗っているのですが、どんなことでも時代とともに変化することを実感しています。最後にオロナインさんの名誉のために書きますと、オロナインは痔には効き目がありませんが、切り傷などにはやはり重宝しています。一家に一つオロナインです。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:06 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

<心の隙>

やっぱり今週のコラムはワールドカップの話題にするのが妥当なところでしょう。深夜にもかかわらず視聴率が30%を超えたのですからどれほどの人が期待していたかがわかります。そう言いながら僕は寝ていたのですが…。

ですが、少しだけ目が覚めました。妻が居間でベルギー戦を見ていたからですが、妻の歓声と居間の電気の明るさに睡眠が邪魔されたのです。おぼろげな意識で障子を開けて妻に「どうなってる?」と聞いたところ、「2対0で勝っている」と妻は喜びの声で返答しました。僕は驚きとうれしさを感じながら、また寝入ってしまいました。

翌日、目が覚めて妻に結果を確かめますと残念そうな声で「3対2で負けちゃった」と答えました。僕は寝ぼけながらも「もしかしたら勝てるかも…」と思いながら睡眠に落ちたのですが、僕の期待もむなしく惜敗していました。しかし、下馬評では圧倒的にベルリーが有利でしたので誰もが認める善戦です。もし勝利をしていたなら歴史的な快挙になるところでした。誠に残念です。

朝の段階では「アディショナルタイムに負けた」としかわかっていなかったのですが、夜になりいろいろなニュース番組を見ますと、勝っていてもおかしくない試合内容だったことがわかりました。それを知りますと、本当に惜しい負け方だったと思わざるを得ません。リアルタイムで見ていた人たちの悔しさは相当なものだったろうと想像します。

後半に入り日本が2点を先取しながらも追いつかれ、そしてアディショナルタイムの最後の最後に決勝点を奪われています。2点を先取した段階で日本の勝利を想像した人は多かったではないでしょうか。結果を知りながら試合を振り返った僕でさえ「勝ちそうな気分」になったのですからライブで見ていた人の2点を先取したときの興奮ぶりが想像できます。

多くのニュース番組では本田選手のコーナーキックからのベルギーの攻撃を流しているだけでしたが、ネットでは本田選手のコーナーキックの蹴り方に焦点を当てて解説している記事がありました。本田選手がキーパーに直接キャッチされるようなボールを蹴ったことが「ベルギーの速攻を招いた原因である」という解説でした。

この記事が気になっていましたので、僕は本田選手のコーナーキックをキーパーがキャッチしてからベルギーの速攻がはじまる「一連の流れを見たい」と思っていました。なかなかその機会がなかったですが、週末のスポーツ番組で見ることができました。

その番組ではフィールドを上空から映し出していたのですが、選手の動きを全体的に俯瞰することができました。ベルギーのGKクルトワ選手がMFケヴィン・デ・ブライネ選手にボールを投げるところからベルギーの速攻がはじまったのがわかります。ここで重要なことはGKクルトワ選手の動作です。ただ相手陣営に向かってボールを蹴ったのではなくGKクルトワ選手がキャッチした瞬間に走り出していたMFケヴィン・デ・ブライネ選手に丁寧に手で投げていることです。

そのあと日本のディフェンス陣は速攻に気がつき、ベルギーの選手に追いつこうと必死に走る映像が流れていたのですが、そのときの日本選手の走る様がとても印象に残っています。

記事によりますとベルギーの決勝点はわずか「9.94秒」、タッチ数4タッチで決められています。練習をしていなければ、もしくは普段から意識を持っていなければできない芸当です。決勝点を決めるベルギー選手にほんのわずかに間に合わなかった昌司選手のスライディングが忘れられません。

僕はこの映像を見ていて「ドーハの悲劇」を思い出していました。先々週「キング・カズの思い出」としてコラムを書きましたが、その舞台となった「ドーハの悲劇」です。そのときのコラムに書きましたが、最後まで緊張感を持って試合に臨んでいたのはカズ選手だけだったことが「ドーハの悲劇」が起きた原因と僕は思っています。

今回の敗戦も残念ながら最後の一瞬に気の緩みが出たことが原因です。ネット上での解説では本田選手がコーナーキックで蹴ったボールがGKにとられる位置だったことを問題視していましたが、僕はチーム全体に油断があったことに原因があると思います。僕が想像するところでは、アディショナルタイム終了間際でしたので日本チームは本田選手のコーナーキックで試合が終了する気持ちになっていたように思います。ですから、ベルギーが速攻を仕掛けてくることを全く予想していなかったのです。気持ちに隙があったのでベルギーの速攻に対処できなかったのです。ベルギーの選手が決勝点を決めたときのゴール前のディフェンスの人数が物語っています。

日本のサッカーレベルがもっと低い頃、反則があったあとに与えられるフリーキックはいつもゆっくりと蹴っていました。ボールを反則地点に置き、周りも見渡してそれから蹴っていました。そうするのが普通だったからです。しかし、海外のチームの試合などを見てレベルが上がってきますと、試合状況によっては審判からフリーキックを与えられると、相手チームの守りの形ができあがる前にすぐにフリーキックを蹴る光景が見られるようになりました。海外の試合ではフリーキックを与えられたときに相手の隙をついたり油断している状況を利用するのが普通だったからです。

今回のベルギー戦もまさしく似たような状況で攻撃を仕掛けられたように思います。これを一言で言うなら「経験不足」です。もし、これまでに試合終了間際に速攻を仕掛けてくる強いチームと対戦していたなら、本田選手がコーナーキックを蹴る前からそのあとの相手チームの速攻に備える態勢がとれていたはずです。そのような経験がなかったことが敗戦の理由です。

ですが、日本チームの実力が全体的に上がってきているのは間違いのないところです。コロンビア戦は試合開始早々に相手チームの反則によりPKを与えられたことと相手チームが10人になるという幸運に恵まれたことが勝因ですが、第2戦は立派に日本チームの実力が上がっていることを証明してくれました。ポーランド戦は時間稼ぎをしたことで批判されましたが、1点しかとられていないことが実力が上がっていることの証明です。第1戦第2戦と好結果を得ていたからこそできる時間稼ぎでした。

大会がはじまる前は代表監督の交代などがあり、今一つ盛り上がりに欠けるところがありましたが、いい試合をしたことで人気を盛り上げることができました。また、サポーターのごみ拾いや代表選手の控室の使い方が賞賛されていますが、こうした評価はやはり日本人としてはうれしいものがあります。

じゃ、また。


スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:52 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

<やさしい人>

ワールドカップは日本チームの決勝トーナメント進出が決まり盛り上がっていますが、ポーランド戦の戦いぶりについては賛否両論があり物議を醸していました。しかし、否定派の人たちも次の試合がはじまるころには批判感情も忘れているはずですので一時的な感情に過ぎないように思います。西野監督の采配に納得できなくとも最終的には日本を応援したくなるのが人情というものです。人情を大切にすると穏やかで平和な社会になりますのでいいことです。


さて、僕の今の仕事は、車で移動しながらアパート・マンションなど集合住宅を清掃する仕事なのですが、先日はこれまでにない運転ミスをしてしまいました。僕は運転歴が40年以上ありますので似たようなミスをしたことはありますが、ここまでのミスはありませんでした。自分でも驚いている次第です。

僕はA型なのでルーチンに沿って行動することを苦にしないタイプです。特に仕事においてルーチンは「とても大切なこと」とさえ思っています。理由はミスをできるだけしないようにするためです。人間はミスをする生き物ですのでそれを前提に作業を進めるやり方を考えるようにしています。ですから、一つの物件を離れる際は忘れ物をしないように必ずうしろのドアから道具類の有無を声出しをしながら確認してます。

このようにしますと、集中力を欠いているときでもミスを防ぐことができます。ミスをしないために必要なことは、集中力がないときでもミスをしないやり方を考えることです。声出し確認はそのための方法です。

その日もすべての作業を終え声出し確認をし、車に乗り込み走らせました。定期的に行っている場所ですので帰り道も慣れています。コインパーキングから出て一方通行を10mくらい走ってから右折をします。右折をする道も一方通行となっており車一台が通れるくらいの道幅です。交差する道路がどちらも広いとは言えない幅ですので曲がる際は周囲に気を配りながら慎重にハンドルを切っています。

そのときももちろん慎重にハンドルを切っていたのですが、車が右に45度くらい回ったところで正面のビルの中に若い男性がタバコを吸っている姿が目に入りました。30才前後のワイシャツ姿の中肉中背の男性でした。ビルのそこの場所は車一台が停められるほどの駐車場になっており、その脇でタバコを吸っていたことになります。ちなみに止まっていたのはベンツでした。

先に書きましたように、普段でもその曲がり角は気を使っていますが、そのときは男性が目に入りましたのでいつもよりもさらに慎重にハンドルを切り右折を完了させました。その際に、なんとなくですがその男性が僕の車を注視しているように感じました。このような状況でハンドルを握っている人間としては、停まっているのがベンツだっただけに男性の心の中を「“ぶつけるなよ”と思っている」と想像するものです。やはり当て逃げされるのは誰でも悔しいものです。

一方通行とはいえそれほどギリギリの広さの道路ではありません。ですから、一応難なく右折を済ませそのまま進みました。運転する人は経験があると思いますが、運転をしているときに気なることがありますと自然にルームミラーでうしろを確認するものです。僕も右折が完了したあとにルームミラーでうしろを見ました。ビルの駐車場でタバコを吸っていた男性が気になったからです。すると、ルームミラーには僕の車を眺めている男性の姿が映っていました。

一方通行は15mほど走りますと、片側一車線の車の通行量が多い広い通りに出ます。僕はルームミラーを見ながらゆっくりと走らせ広い通りに出ました。広い通りを見ますと、車の往来が多く入り込めない状態でした。ですのでしばらく停まって車が途切れるのを待つことにしました。その間もたまにルームミラーを見ていたのですが、先ほどの男性が僕の車を見ているのがわかりました。なかなか車が途切れませんのでそのままルームミラー越しに男性を見ていたのですが、ついに男性が僕の車のほうにゆっくりと歩きだしてきたのです。

こういう状況になりますと、さらに男性のことが気になります。そのような緊張感も含んだ「気になる心持ち」でいながらも広い通りの車が途切れるのを見る必要があります。先ほどの男性も僕の車のほうに向かって歩いてはきますが、僕の車に用事があると決まったわけではありません。もし本当に用事があるのならあのように「ゆっくり」とではなく、小走りとは言わなくてともせめて急ぎ足で向かってくるはずです。

そのように思い直して通りの車の往来が途切れるのを待っていますと、うしろのほうから声がしました。

「すみません」

その声は不思議でした。声は聞こえたのですが、どこから聞こえたのかが定かではなかったのです。窓ガラスは開いていましたが、窓ガラスのほうから聞こえる声ではありませんでした。「うしろのほう」から聞こえるのです。このような状況になりますと、人間というのはキョロキョロするものですが、僕はまさしく首を右に左に回しました。すると、また声がするのです。

「すみません。うしろのドアが開いてますよ」

僕は咄嗟にルームミラーを見ました。そこには先ほどの男性が映っていました。僕が身体ごとうしろに向けて見ますと、男性は自分の声が僕に届いたことがわかったようで、さらにこう言ったのです。

「閉めましょうか?」

僕は思わず「あ、はい」と答えました。男性は力強く車を閉めてくれたのですが、僕はお礼を言おうとサイドブレーキをかけて車から降りました。すると男性は軽く右手を上げながら「大丈夫です」と言って戻って行きました。僕は大きめの声で「ありがとうございました」とお辞儀をしました。

まだまだこの世も捨てたものではありません。このようにやさしい人も世の中にはいるのです。男性はわざわざ15mも歩いて教えてくれたのです。しかも「閉めましょうか?」なんて、なんとやさしい方でしょう。そのような方をほんの少しでも「文句を言いにくる人」と思った自分が恥ずかしくなります。


ワールドカップで世の中は盛り上がっていますが、僕が今気になているのは拉致被害者の家族の方々のことです。米朝会談が行われても、結局、なにも進展がなくそれどころか北朝鮮は「解決済み」と伝えています。拉致被害者の家族の方々の落胆は如何ばかりでしょう。それを思うとかわいそうでなりません。

また、虐待事件での対応が批判された児童相談所ですが、一時期は関心が集まって改善される方向に進んだようですが、その後に関してはあまり報じられていません。児童相談所の不手際で幼い命が失われた事件はこれまでにも何件もありました。そのたびに世の中の関心があつまり、改善策が考えられる方向に話が行ってもまた同じ事件が起きています。これは、社会の関心が失われると「改善しよう」という流れがなくからです。

世の中には忘れたほうがいいことと、記憶に留めておかなければいけないことがあります。

その分別がむずかしい…。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:45 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

<キング・カズの思い出>

ワールドカップで世の中が盛り上がっていますが、格上のコロンビアに勝利したのですから当然といえます。いろいろな番組で解説していますが、開始早々にペナルティキックとはいえ得点できたこととコロンビアに退場者が出たことが勝因です。このプレーを振り返ってみますと、相手チームがまだエンジン全開になる前に日本が攻撃したのが勝因のように思います。まだ気持ち的に集中していなかったからこそのコロンビア選手のハンドです。まさにコロンビア選手の油断、気の緩みです。そして、その隙をついた日本チームの集中力の賜物です。「なんとしても勝つ」という強い気持ちが起こさせた奇跡です。

僕の年代でワールドカップの思い出と言います、やはり「ドーハの悲劇」が強く記憶に残っています。そして、僕の頭の中にはあの試合での三浦知良選手の最後まで集中力を切らさない強い精神力を示す姿が刻み込まれています。

実は、僕はこのコラムでこのときのカズ選手についてたびたび書いています。ですが、ワールドカップで盛り上がっていますので久しぶりに書きたい気分になりました。あの試合はワールドカップ初出場の可否が決まる大事な試合でした。対戦相手はイラクでその試合に勝利すると初出場が決定したのですが、2−1で勝っていた試合の終了間際のロスタイム(今はアディショナルタイムと言いますが、当時はロスタイムと言っていました)にゴールを決められ同点となり、ワールドカップ初出場を逃してしまう結果となりました。これが世に言う「ドーハの悲劇」です。

この試合で僕が忘れられないのはキング・カズこと三浦知良選手が最後まで必死にプレーしていた姿勢です。終了間際ですから、当然どの選手もみんな疲れていたはずです。そんな中イラク選手が最後の力を振り絞って攻撃していたのですが、右サイドをドリブルで上がっていくイラク選手に必死に食らいついて対応していたのはなんとカズ選手だったのです。カズ選手はフォワードの選手です。そのフォワードの選手が自陣の右サイドの守りについていたのです。

僕が忘れられない映像は、右サイドを駆け上がって行くイラクの選手に必死について行き、イラクの選手が中央にセンターリングを上げるときにスライディングをして防ごうとする姿です。残念ながらセンターリングをあげられてしまい、ゴール前にいたイラク選手がそのボールにヘディングで合わせて得点されてしまいました。僕はこのときのゴールキーパーの動きも頭に残っています。

本来ならゴールキーパーはヘディングされた瞬間に横っ飛びで防ごうとするはずです。しかし、そのときゴールキーパーは反応していなかったのです。ただボールの行方を目で追っているだけでした。たぶん疲れていたこともあるのでしょうが、最後のロスタイムとい時間帯で一瞬だけ集中力が切れていたように思います。この気の緩みはほかの選手も同様だったはずです。だから右サイドを駆け上がるイラク選手についていたのがカズ選手だったのです。最後まで集中力を切らしていなかったのはカズ選手でした。

ゴールを決められた瞬間にベンチにいた中山選手のなんとも言えない表情でグランドに倒れこむ映像をテレビで見た方も多いでしょう。あのときの中山選手が絶望する姿ほどあのときの日本中の気持ちを表すものはありません。このあと中山選手はjリーグで数々の記録を作るのですが、その原動力はこのときの体験にあるのではないかと僕は思っています。

さて、なぜ僕がカズ選手のプレーを書いたかと言いますと、コロンビア戦で大迫選手が同じようなプレーしていたからです。1点ビハインドのコロンビアは当然のごとく猛攻撃をしかけてきました。僕が見た映像でイラク選手がゴールの右側からシュートをした際に右足を上げながらスライディングをしてきたのは大迫選手でした。2点目をとったフォワード選手である大迫選手です。スローで見ますと、大迫選手の右足に当たったことによってイラク選手のシュートはコースが変わりゴールから外れています。もし大迫選手が右足を出していなかったならゴールしていた可能性は大です。

このように今の時代はフォワードと言えども守備もきちんとこなすことが基本です。しかし、口で言うのは簡単ですが実際に行動するとなると大変です。何しろあの広いフィールドを端から端まで全力で走り回らなければいけないのですから体力はもちろん精神力も半端ではありません。今はやりの「半端ねぇ」です。それを実行している選手たちは素晴らしいのですが、その模範を作ったのがカズ選手ではないかと僕は思っています。その意味で三浦知良選手は「キング」と呼ぶにふさわしい人格者でもあると思っています。

僕はサッカーの熱烈なファンではありませんのでマニアほどの知識はありません。ですが、カズ選手についてはいろいろな思い出があります。カズ選手の奥様は美しい芸能人の方ですが、ブラジルにいた頃のカズさんが奥様を見て積極的にアプローチをして結婚をしたそうです。

かつて「笑っていいとも」という番組がありましたが、その中のテレフォンショッキングは人気があったコーナーです。芸能人が次の日のゲストを電話で直に依頼するコーナーですが、ある日のゲストが次の出演者としてカズ選手を紹介していました。そこでその芸能人がカズさんに電話をしたのですが、電話に出たときカズさんは寝ていたようでした。そのときゲストの人が「お昼なのにまだ寝てるの?」と言いますと、カズさんは「スポーツ選手は体力があるから激しいだよ」と返したので会場内は爆笑になりました。ユーモアのセンスもあるカズ選手です。

このようにカズ選手は芸能人とも交流があったことがほかのサッカー選手との違いですが、当時は田原俊彦さんとの交流もいろいろな番組で取り上げられていました。ご存知の方も多いでしょうが、カズさんはコンビニへ行くのにもわざわざおしゃれなスーツに着替えて出かけるなどというエピソードは注目を集めました。一見派手な言動ですのでおちゃらけた感じがしますが、ぶれない精神力は当時から持っていたようです。

あるとき写真週刊誌で奥様の不倫が報じられたことがあります。奥様が路上で男性芸能人と抱き合い唇を重ねている写真が報じられたのですが、テレビのワイドショーでは格好の題材です。多くの芸能レポーターがカズさんの元へ押し寄せたのですが、感情的になるのでもなく淡々と冷静に対応して「なんとか勘弁してくださいよ」と言って、なんとその騒動を収めてしまいました。その後、離婚することもなく現在に至って幸せな家庭を築いているのですが、スポーツ選手は家を留守にすることが多い中で、トラブルに遭いながらも幸せな家庭を築いているのは奥さんやお子さんとの接し方もきちんとしているからと想像しています。

今、日本人のサッカー選手は海外で活躍している人が多いですが、その先鞭をつけたのもカズ選手です。それにしても同年代の選手たちが引退し指導する立場になっている中で選手にこだわっている生き方も「なにかを啓示したい」意図があるのでしょうか。

じゃ、また。
P.S 今日の夜もがんばれ!

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:27 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

<関心が続かない>

世界が注目した米朝会談は結局、当初の予想どおりの結果でおわりました。「当初の予想」とは「具体的なことはなにも決まらず会談だけ行われること」です。専門家に寄りますと、こうした結果におわることはトランプ大統領、金正恩党委員長の双方にとって意義があるそうです。トランプ大統領にとりましては秋の議会選挙に貢献しますし、中にはノーベル平和賞を期待しているとの意見もありました。また、トランプ大統領は前の大統領オバマ氏を否定することに重きを置いているとの意見もあります。どこまで本当なのかはわかりませんが、それなりの説得力はある解説です。

金党委員長にしてみますと、笑顔外交を世界にアピールできましたし米国の大統領と堂々と渡り合えたこと自体が成果といえそうです。うまくいけば制裁緩和を手に入れることもできます。心の中までを見ることはできませんが、結果だけを見ますと北朝鮮のほうが得をしたような印象が残ります。

今回の米朝会談について僕が納得できないのは、トランプ大統領が会見で「非核化の費用は韓国と日本が負担する」と発言したことです。まさにお金だけ取られる構図です。「そんな図々しい!」と思いましたが、安倍首相は「非核化により恩恵を受けるのだから負担は当然」と話していました。

結局、安倍さんはトランプさんに梯子を外された感があります。強硬外交を訴えていたにもかかわらず会談をしたのです。最初の頃は「完全に非核化することが会談の条件」でした。それが「完全の非核化に関係なく会談した」のです。安倍首相にしてみますと、本心では裏切られた気持ちなのではないでしょうか。

拉致家族問題につきましても大きな進展はありませんでした。これに関しては安倍首相は金党委員長と直接話し合う意向を示しています。被害者家族にしてみますと、安倍首相しか頼りにできる人はいないのが現実です。安倍首相は政局とは関係なく最後まで尽力をする義務があります。

「昔の」と言いますとかなり古い感じがしますが、それほど古い時期ではない昭和の時代の政治家には信念があったように思います。「歴史は勝者によって作られる」と言われますが、それを差し引いても昭和の政治家には弱者に対する配慮がありました。

かつて自民党の実力者に梶山静六氏という方がいました。田中角栄氏が全盛時代の幹部の一人で強面で武闘派として知られた方でしたが、この方は幹事長時代に野党に対して常に心配りをしていたそうです。そのことを知ったのはジャーナリストの筑紫哲也さんの本の中でですが、自民党に批判的な筑紫さんの本に書いてありましたので印象に強く残っています。

昭和の自民党にはそのほかにもあまり目立つことはありませんでしたが、弱者の立場に立って活動をしていた人がいました。そして、重要なことは幹部になった人がそうした人の意見を掬い取っていたことです。そのような記事や文章を幾度か読んだことがありましたので今の自民党の姿を見ていますと残念な気持ちになります。

帰国した拉致被害者である蓮池薫さんが活動を活発化している印象があります。講演会に参加したりマスコミにも登場しています。おそらく拉致家族問題を解決するタイミングが今しかないと思っているのでしょう。また拉致被害者家族の方々が高齢で時間がないことも影響しているようです。

話は少し逸れますが、今から10年ほど前に秋葉原で殺傷事件がありました。その犯人の弟さんに関する記事を先日読んだのですが、その弟さんは家族ということで普通の生活が営めなくなり自殺をなさっています。「犯罪者の弟は笑うことは許されない」と書いてありましたが、人間は本当に苦しい経験をするとそれが頭から離れず「笑うこと」さえ忘れてしまうのです。

蓮池さんは日本に帰って来られましたが、まだ北朝鮮には拉致されたままの人がいます。蓮池さんも心の底から安心して笑うことはできなかったのではないでしょうか。帰国してから15年以上経ちますが、それでも忘れずに活動をしていることに敬意を感じています。考えようによっては、蓮池さん自身はもう幸せな境遇なのですから忘れることも可能です。それを「全員が戻るまで」と活動する姿には頭が下がる思いです。

安倍首相に対する見方はとても難しいものがあります。第二次安倍内閣が成立させている特定秘密保護法・安保法・共謀罪法などは現在の「一強体制」でなければできないほど微妙な法律です。もし国会が与野党伯仲している状況ならもっと紛糾、もしくは廃案になっていてもおかしくない法案でした。それを強引に成立させていることを思うとき、安倍首相を支持するのには少し躊躇するものがあります。

しかし、拉致被害者問題を解決できるのは安倍首相しかいないとも思っています。こうした現実の中で安倍首相にどのように向き合っていけばよいのか迷っています。おそらく拉致被害者の家族の方々は安倍首相の続投を希望しているでしょう。こうした状況の中で僕が安倍首相に期待しているのは拉致問題を政局に利用しない正々堂々とした姿勢です。どうかつまらない計算などせずに政治家の道を進んでくださいませ。

その安倍首相と一線を画す姿勢を見せたのが是枝裕和監督です。映画「万引き家族」がパルムドールを受賞したことに対する顕彰を「辞退する」と発表しました。「公権力とは距離を置く」という信念からですが、是枝監督らしい対応です。

僕が初めて是枝監督を知ったのは「そして、誰もいなくなった」という映画を見たときです。これは妻とわざわざ映画館まで出かけて見たのですが、今CMなどで見かけることが多い柳楽さんが子役時代に主演賞を受賞している作品です。僕が言うまでもありませんが、是枝監督の映画はいつも弱者に対する視点が魅力です。今回の映画も含めて是枝監督の作品は見終わったあとに考えさせられることが多々あります。

「そして、誰もいなく…」も内容は児童虐待ですが、その当時から既に社会問題化していたことになります。あれから15年以上経つのにまだ同じような事件が起きています。「同じよう」というよりも「もっと悲惨な」というべき事件でした。しかも今回の事件だけではありません。もっともっとたくさん虐待事件は起きています。

なぜ、こうした状況が改善しないかと言いますと社会の関心が薄れるからです。今回の目黒区の事件も今でこそ現場に花束をささげる人がたくさんいて、マスコミでも取り上げていますが、2ヶ月もすると忘れ去られてしまうでしょう。

大人にとって最も大切なことは、当事者でなくても世の中で起きた悲しい出来事を心の中に刻み付けることではないでしょうか。社会が関心を失わなければ世の中は必ず改善されるはずです。


「愛の反対は、無関心である」 マザー・テレサ

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:56 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

<仕事の責任>

ほとんどのテレビ局が取り上げていますので食傷気味の人もいるでしょうが、やはり僕も書かないわけにはいきません。目黒区の虐待事件です。多くの人が同じだったと思いますが、結愛ちゃんが書いた「ひらがなの文字」は誰もの心を揺さぶる衝撃がありました。

「もうおねがいです。ゆるしてください」

報道に寄りますと、食事もまともに与えられず寒い日にベランダに放置されたこともあったそうです。死亡時の体重が平均の半分くらいしかなく、また免疫機能に関わる臓器が普通の子供の1/5ほどの大きさだったそうです。まさに鬼畜と呼ばれて当然の親の虐待です。

このような事件があるたびに僕は鬼畜の親の周りの大人の責任に思いが至ってしまいます。以前、「自分の子供に犬用の首輪をつけている友人の振る舞いを見て、警察に通報してその子供を助けた」というニュースを見たことがありますが、今回の事件も周りの大人が防げた事件のはずです。

もちろん父親が最も悪いのですが、奥さんの連れ子であったことを考えますと一番の責任は母親にあると思います。報道では「自分の立場が悪くなるのが嫌で、見ぬふりをしていた」と母親は話しているそうです。親としての自覚に欠けており、親として失格です。

同じことが結愛ちゃんの母親の親にもいえます。自分の子供が小さな子を連れて離婚をして再婚したのですから注意を払う必要があります。この親御さんがテレビ局のインタビューに答えていましたが、せめて祖父母が結愛ちゃんのことを親身になって考えていてくれたなら結愛ちゃんの命は救えたように思えてなりません。それが残念です。

親も祖父母も頼りにならないとき、その次に結愛ちゃんを救えた可能性があるのは児童相談所です。結愛ちゃんの家族は目黒区に来る前は香川県に住んでいたそうで、そこでは結愛ちゃんを幾度か一時保護もしていたようです。つまり、児童相談所がしっかりと機能していたことになりますが、もしかしたなら結愛ちゃんの両親はそれを避けるために目黒区に引っ越したのかもしれません。

目黒区に引っ越した際には香川県の児童相談所から連絡が行っていますので、この段階までは児童相談所は機能していたことになります。このように連絡を報告するシステムになっていませんと、せっかくの児童相談所がなんの役にも立たない機関になります。香川県の対応はある程度完璧に行われたいたようですが、問題はここから先です。

目黒区の児童相談所の担当者も香川県からの連絡を受けて結愛ちゃんの自宅を訪問しています。ですが、母親に関わることを拒否されてそのままにしていました。結愛ちゃんの命を救えなかった原因はここにあるように思います。おそらく多くの人が僕と同じ感想を持ったと思いますが、この担当者の方がしっかりと責任を持って仕事に取り組んでいたなら結愛ちゃんの命は救えたはずです。

常識的に考えて香川県で一時保護を数度されている状況を考えるなら、母親が関りを拒否した段階で異常を感じて当然です。素人である僕が考えてもそのように判断できるのですから専門家である担当者の方なら「より以上に危険性」を感じなけらばいけない状況です。厳しい言葉で言いますと、仕事に真剣に取り組んでいない証拠です。

例えば、スーパーのレジの方が「対応が悪い」場合はお客さんが不快になるだけで済みます。命が危険になるリスクはありません。ですから、仕事に真剣に取り組まなくても小さな問題で済みます。場合によってはクレームが原因で職を失うこともありますが、それは責任は自分にあるのですから仕方のないです。

それに対して児童相談所で働いている人は対応を一つ間違えますと、子供の命が危険に晒されることもあります。児童相談所で働いている方々は、そのことをしっかりと自覚して仕事に取り組む必要があります。そのことを自覚できない人は児童相談所の仕事に就くべきではありません。児童相談所の仕事に向いていない人です。そして、向いていない人が採用されないシステムにする必要があります。

担当者を批判する意見に対して、人員不足といったリソースに原因があると指摘する意見があります。一人の担当者が100件の案件を抱えるケースという例などを紹介していますが、組織に問題があるのなら組織を改革する行動を起こすべきです。

組織について考えるときに避けて通れないのが個人の仕事への取組み方です。僕は飲食店を廃業して以来清掃業界で仕事をしていますが、この業界は個人差が表面化するという特徴があります。テキパキ効率よく作業をする人とそうでない人では仕事の進捗状況に大きな差が出てきます。僕の仕事に対するポリシーは「自分の働きに見合った報酬を受け取りたい」ことですので僕は現在管理会社の下請け形式として働いています。

年齢が年齢ですので若い人の作業スピードにはかなわないと自覚していますが、それを含めてのんびりやろうが素早くテキパキやろうが僕の自由です。結果が出ているならスピードを問われない下請け方式のほうが時間の自由も含めて納得できる仕事をすることができます。

しかし、児童相談所で働いている方々の勤務形態は違います。決められた時間内に仕事を終わらせる必要があります。そうなりますとのんびりやっている人とテキパキやっている人ではこなせる仕事量に差がつくことになります。そうした状況の中で「満足できる仕事をできない理由」をリソースに求めるのは納得できない気持ちになります。

百歩譲って人員不足などのリソースに問題があるとしても、最終的にはきちんと仕事をやり遂げられない状況を受け入れていることになります。結愛ちゃんの母親が「見ぬふりをしていた」ことと同じです。担当者または児童相談所で働いている方々はそのことを自覚してほしいと思います。そうでなければあまりにも無責任です。


神戸ではいじめ事件に関して許しがたいニュースがありました。
「教育委員会の首席指導主事が教職員が女子生徒の友人から聞きとったメモを学校側に隠蔽するように指示していた」
というものですが、その理由が「事務処理が煩雑になる」というあまりにひどいものでした。このような考えをする人が教育関係の仕事に就いていたのですから何をかいわんやです。


国会では働き方改革が審議されていますが、どれほど働き方が改革されようとも仕事に対して責任を持つことは普遍の真理です。これをないがしろにするならその国は亡びるでしょう。国会を見ていますと役人の仕事の重要さがわかりますが、その役人の仕事は政治家を守ることではないはずです。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:18 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

<自浄作用>

僕がテレビを見る時間帯はだいたい決まっていまして、妻と二人で仲良く(?)食べる晩御飯のときです。僕たちの晩御飯の時間はだいたい7時半くらいからはじまりますので、僕の見る番組も限られてきます。通常、テレビのチャンネル権は妻にありますが、晩御飯のときだけは僕にチャンネル権があります。一応、我が家は亭主関白を装っていますので僕の意見が通ることになっています。

このような状況で僕がチャンネル権を駆使するのですが、見たい番組がそれほどあるわけではありません。僕が好きな番組名を紹介いたしますと月曜はNHKの「鶴瓶の家族に乾杯」、火曜はなくて水曜はやはりNHKの「ためしてガッテン」、木曜はなくて金曜もなくて土曜はNHKの「ブラタモリ」、日曜はNHKの「ダーウィンが来た」です。ちなみに、僕はNHKにお金を払っています。

以前、「鶴瓶の家族に乾杯」の番組の中で70才くらいの男性が「テレビは作り物ばかりでつまらないから、自分はドキュメント番組しか見ない」と話していました。テレビに対して懐疑的な考えを持っている人は「結構いるんだなぁ」と思った記憶があります。

今はSNSの時代ですが、「鶴瓶の家族に乾杯」に対しても「あれはヤラセ」という書きこみが結構あるそうです。それを意識しているようで番組の中で鶴瓶さんはしきりに「突然来てごめんなさい」というようなセリフを言っています。つまり「ヤラセではない」ということを強調しているのですが、今の時代はヤラセを想像する人がいても不思議ではありません。

そういう人がいる反面、ツイートなどの情報が事実の確認がなされないまま安易に拡散されることもあります。つい先日も、「うどんのお店にある大学の職員が大人数で予約を入れておきながら、ドタキャンした」というツイートが拡散されて、多くの人がその大学を非難するツイートをしたそうです。しかし、実はそのうどん店も大学も架空のもので実在しないことがあとから判明して物議をかもしました。

こうしたウソの書き込みの善悪は別にして、ツイートの事実を確認しないまま拡散する人がたくさんいることが証明されたことになります。一時期フェイクニュースが話題になりましたが、フェイクニュースに対して敏感になる感性はまだ育っていないようです。

かつては大手マスコミは信頼の象徴でした。つまり、大手マスコミが報じることは「真実である」ことを証明する役割を担っていました。しかし、最近は大手マスコミの信頼感も薄らいできているように感じます。また、かつてはニュースとして取り上げる際の選択基準は社会的な「価値」とか「意義」に置いていたように思っていましたが、最近は自社の主張に沿っているかどうかで選択しているように感じています。

僕がそうしたことを感じるようになきっかけは家計学園問題の報道時でした。かれこれもう1年以上疑惑が引きずられていますが、その発端を作った前川喜平氏に対する報道です。覚えているでしょうか、あのとき「出会い系バーに通っていた」と読売新聞だけが報じました。僕の中ではこの報道がマスコミに対する信頼感を一気に失せさせてしまいました。それまでにも気になる報道はあったのですが、あのニュースで一気に気持ちが覚めた記憶があります。

世の中は常に動いていますのでつい先日のような気がしますが、家計学園の疑惑が報じられてからもう1年以上経っています。そして、現在でもまだ家計学園の疑惑は晴れないままです。ことの顛末は省略しますが、先日は家計学園の事務局長が愛媛県を訪れて弁明する会見を行っていました。1年以上全く進展していないことを示しています。

僕は安倍首相を好きでも嫌いでもありませんが、強いて言うなら「好きな」ほうに入る政治家です。現在の激動する世界において極東の小さな島国である日本が存在感を出すには「安倍首相しかいない」とまで思っています。週刊誌などでは「トランプ大統領の言いなり」などと批判されていますが、どれほど常識はずれの大統領であろうとも日本は米国と親しい関係でいる以外に世界で生きていく術はありません。北朝鮮の拉致家族問題についても安倍首相以外に解決への道筋をつけられる人はいないでしょう。

このように安倍首相の政治家としての才覚は素晴らしいとは思っていますが、森友学園と家計学園問題においての対応は「あまりに誠実さに欠けている」と言わざるを得ません。共産党の小池議員が「ご飯論法」と指摘していましたが、誰が見ても質問に誠実に答えているようには見えません。「誰が見ても」というよりは「中立な第三者が見ても」が正しい言い方かもしれませんが、最近の国会ほど虚しい論戦はありません。なにしろ質問に対する答えになっていないのですから…。

今の安倍首相を取り巻く状況は、一昔前ですと間違いなく政権が倒れています。それが起こらないのは自民党内において対立する人がいないからです。かつては派閥があり、派閥間の争いがいい意味で自浄作用を起こしていました。しかし、今の自民党には安倍首相に対抗できる人材がいません。すべての問題の根源はここに行きつきます。

石破さんが遅ればせながらながら対抗者に名乗りを上げそうな言動をとっていますが、弱小派閥なのが難点です。岸田さんは今一つ気概に欠けているように映りますし、二階さんが安倍首相の三選を支持していることも見逃せません。

小泉進次郎さんは将来有望な政治家だと思いますが、まだ時期尚早です。おそらくそのあたりのタイミングはお父様がアドバイスをしているでしょうから、今は動かないでしょう。そんな中、実は僕が密かに期待しているのは河野太郎外務大臣です。今でこそ河野氏は安倍首相の閣内に入っていますが、それまでは安倍首相を追求する先鋒に立っていました。安倍首相が河野さんを外務大臣に抜擢したのは批判的な人を取り込む意図があったように思います。

まだ河野氏が要職に就く前のことですが、あるラジオ番組に出演していました。そこで話していたことは安倍首相の運営の仕方に対する批判と「自民党を変える」ということでした。今、自民党で安倍首相に批判的な発言をしているのは村上誠一郎氏ですが、そのときの河野氏は村上氏のような正論を話していました。その河野さんが外務大臣に就任したのですが、僕は安倍首相に取り込まれたというよりも閣内にいて動向を探っているように思っています。

話は逸れますが、自衛隊の日報が保存されていることが次々に明るみになっていますが、「廃棄した」と外務省が発表したときに、「いや、どこどこに残っているはずだ」と最初に声を上げたのは河野さんです。まだ閣僚になる前のことですが、河野さんは自民党や政権が正しい方向に行くように常に考えている人という印象を僕は持っています。



日大の反則行為をしたアメフト選手が会見をしたとき、マスコミ人や見ているほとんどの人が彼の真摯な態度に感銘していました。そうした周りの人たちの清廉潔白さを求め支持する姿勢や熱意が監督やコーチを辞任へと追い込んだように思います。また、ほかの選手たちも自らを省みて反省する姿勢を発表しています。

スポーツという世界においては自浄作用が働いて正しい方向へ向かう道筋を作ることができるのに、なぜ政治の世界ではできないのでしょうか。僕はそれが不思議でなりません。内田監督とコーチに対して厳しく追及したマスコミや周りの大人が、一大学の運動部よりももっと重要である国家の監督に対して追及ができずにいる状況に歯がゆさを感じています。

日本という国がしっかりとした民主国家であるなら自浄作用が働くはずです。そして、自浄作用は政治家だけが起こすのではなくマスコミや周りの大人が起こすべきものです。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:06 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

<フェアプレー>

先週は日大アメフト選手の悪質タックル問題で新たな展開がありました。ほとんどの放送局で大きく取り上げていましたが、僕もいろいろな思いがありましたので書きたいと思います。

その前にボクシングの井上尚弥選手のタイトルマッチについて書かせてください。とにかく強かった。実は、僕は試合をリアルタイムで見ていませんでした。試合があることを知らなかったからですが、あとから見た映像は井上選手の強さを証明していました。

元々はフライ級の選手ですので体格的には不利でしたが、その不利を感じさせない戦いぶりでした。これで井上選手はバンタム級もチャンピオンになりましたので3階級を制覇したことになります。試合後、今秋に行われるボクシングのチャンピオン同士が戦うトーナメント大会に参戦することを表明しましたが、世界が「モンスター」と認めていますので今から秋の大会が楽しみです。

井上選手の強さを物語るエピソードとして、高校生のときに日本ランカーになっていた田口良一選手とスパーリングをしたときの逸話があります。普通に考えますと、プロのランカー選手とアマチュアである高校生がスパーリングをしますと高校生は歯が立たないものです。しかし、そのスパーリングで田口選手は高校生である井上選手にダウンを奪われたのです。常識では考えられない光景です。田口選手は悔しくてその夜に泣いたそうです。それほど井上選手はずば抜けて強かったのです。

僕はたまたまその映像を見たことがあるのですが、井上選手のパンチを受けてダウンをした田口選手の姿に驚かされました。周りで見ていた人たちがどよめいたいたのがわかりましたが、田口選手はこのあと日本チャンピオンになり世界チャンピオンにまでなるほどの選手です。その選手からダウンを奪ったのですからその強さがわかろうというものです。ちなみに、その後二人は日本チャンピオンと挑戦者という立場で対戦していますが、判定で井上選手が勝利しています。

その井上選手の素晴らしさは強さだけではなく性格や人柄にもあります。以前マスコミ受けすることばかりを狙っていたボクシング選手がいましたが、対照的にパフォーマンスをすることなく礼儀正しく自然に振舞っている姿勢は好感です。やはりプロといえどもスポーツにはフェアプレー精神が求められて当然です。

そのフェアプレー精神とはかけ離れたプレーが問題となったのが日大アメフト選手の悪質タックルです。先週は当該選手が記者会見を開いていましたが、あの率直な話し方や受け答えをする姿勢に好感した人は多かったのではないでしょうか。

若干二十歳の学生が多くの記者が周りを囲んでいる会見場で発言するのは勇気と覚悟と度胸が必要です。もちろん小心者の僕にはできませんが、大人の中でもどれだけの人ができるでしょう。それを思うとき当該選手の行動は賞賛されるべきことです。

当該選手が記者会見を行った翌日に日大の監督とコーチも記者会見を行いましたが、「自分たちの立場を悪くしないため」という印象はぬぐえませんでした。多くの人が指摘していますが、「選手のため」とか「責任はすべて監督の自分にある」などと言いながら「選手が間違って理解した」と選手に責任を押しつけているのはあまりにみっともない姿でした。

結局、当該選手と監督・コーチの説明には齟齬があり、どちらに真実があるのか判断に迷うところです。ですが、その後に会見を開いた被害者側である関学のGMマネージャー・監督は「当該選手のほうに真実がある印象を持っている」と話していました。

関学の会見に追い打ちをかけるように、日大の内田監督がマスコミのインタビューに「俺がやらせた」と答えている生々しい音声を週刊誌が公開しています。これだけいろいろな証拠が出てきますと、日大の監督・コーチの言い訳は通用しなくなるように思います。

さらにこの問題はアメフトだけではなく日本大学のガバナンスの問題にまで広がっていきそうな気配です。かつて日大で教授を務めていた女性が過去に相談を受けたパワハラについてもマスコミで告発していました。「#Me too」が世界的に席捲している現在の状況ではなにかのきっかけで問題が広がる可能性もあります。

また、日大の理事長がパチンコをやっている映像が流れていましたが、こうしたマスコミの動きはこれから「日大を追求する」という狼煙を上げたようにも感じました。理事長のかつてのスキャンダルなども伝えられていますのでアメフトから日本大学の本体にまで問題が広がりそうは気配です。


今回の監督・コーチの記者会見には多くのマスコミが集まり質問がなされました。マスコミは監督・コーチがどのように答えるかに注目していたのですが、現場では日大広報部の司会者を務めた方にも注目が集まることとなりました。理由は、その尊大な話しぶりや会見の仕切り方に問題があったからです。

僕はこの会見をリアルタイムで最後まで見ていたのですが、謝罪会見の司会者として不適切な言動に違和感を持ちました。この司会者に関してテレビ各局に登場するリスクマネジメントの専門家たちが一様に「下手さ加減」を批判していましたが、誰が見ていても尊大と感じる仕切りぶりでした。この方は元々は共同通信社の記者をやっていた方のようでマスコミの内側にも精通しているそうです。その経験がマスコミに対してぞんざいに対応させていたようです。

この方の発言で僕が印象に残っているのは「同じような質問ばかりですので」という言葉です。会見を終了させたいがための発言のようにも受け取れますが、僕には的を射た発言のようにも思えました。実は、記者会見を見ていて僕が感じたことは記者の方々の質問の仕方が下手なことでした。

記者の個人的な資質もあるでしょうが、根本的な問題としてマスコミ各社がバラバラに質問しますることが記者会見を実りの少ないものにしているように感じました。僕も司会者と同様に同じような質問ばかりで「全然進展しない」と感じていました。時間ばかりが過ぎてしまい、意味のない記者会見の印象になっていました。

記者会見におけるこうした問題は今回に限ったことではありません。そして、その理由はマスコミ側にあると僕は思っています。僕はニュース番組を見ることが多いですが、番組を見ていて最近感じることがあります。それは会見のようすを放映する場面でですが、わざわざ番組の出演者が質問している映像を流すことです。まるで「こうしてちゃんと質問していますよ!」と訴えているようです。

このようなことを各番組の出演者がしますので自ずと同じような質問ばかりをすることになってしまいます。番組的には出演者をアピールする効果があるのでしょうが、取材を受ける側にしてみますと同じ質問ばかりが続くことになります。日大の監督・コーチへの質問はそのような場面が多々ありました。質問する前にマスコミ名と氏名を名乗ってから質問していましたので余計に非効率な取材現場となっているように感じました。

マスコミの皆さんもおそらく僕が感じていることと同じことを感じているはずです。ここはひとつ自らを反省するという意味で記者会見の質問のやり方をマスコミが揃って工夫することを考えてほしいと思っています。取材する立場であるマスコミにもフェアプレー精神が求められるはずです。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 15:20 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

<持ち時間>

ちょうど今サンデーモーニングを見終わったところですが、この番組では最後に出演者が約1分間くらいずつ自分の考えを話すのが恒例になっています。今週は先日亡くなられましたジャーナリストの岸井 成格さんについて出演者それぞれが思いでを語っていました。岸井さんはこの番組のレギュラーであり、番組の最後のコーナーをまとめる役割もしていたからです。

このコーナーは一人の持ち時間が決まっているはずですが、中には持ち時間を越えて話す人がいて、そうなりますと最後の方が話す時間が短くなることもあります。今週の最後は岸井さんの後輩である与良 正男さんが務めていました。与良さんは直接の後輩ですのでいろいろな思い出やほかの人よりも強く濃密な思い入れがあったはずです。だからこそ、与良さんにはほかの出演者よりも長めに時間を持ってほしいと思っていました。

しかし、与良さんの前の出演者である佐高さんが長めに話してしまいましたので与良さんの時間がいつもより短くなったようでとても残念です。佐高さんも岸井さんと親交がありましたので話したいことがたくさんあったことは理解できますが、直接の後輩である与良さんに持ち時間を譲るのが礼儀だったように思います。与良さんのお話が途中で終わってしまい気の毒に思えました。自分の持ち時間というのは全体を俯瞰して調節するのも大事なことだと実感した光景でした。

岸井さんがお亡くなりになった年齢は73才でしたが、奇しくも筑紫哲也さんがお亡くなりになったのも73才でした。筑紫さんは僕が一番好きなジャーナリストでした。筑紫さんの主張にすべて賛成ではありませんでしたが、取材または報道する姿勢に関しては100%好感していました。その筑紫さんと同じ年齢で岸井さんがお亡くなりになったのですが、偶然の一致とはいえ感慨深いものを感じます。


歌手の西城秀樹さんもお亡くなりになりました。63才という年齢はあまりに若く僕は同年代ですので特別な思いがあります。しかも妻は若い頃に大ファンでしたのでショックは僕以上でしょう。人生の持ち時間は特別なことをしない限り自分では決められません。日本における男性の平均寿命は80才くらいですので、西城さんの人生の持ち時間は平均よりも短かったことになります。おそらく思い残すことがたくさんあったのではないでしょうか。

それにしても2度の脳梗塞から復活した努力には頭が下がります。西城さんのインタビューを読んだことがありますが、後遺障害が残りリハビリをするときの恥ずかしさについて正直にお話していました。有名人でしたのでやはり人に見られることが多く、「自分が見世物になっている」ように感じてふさぎ込んだこともあったそうです。そうした精神的な苦しさ辛さを乗り越えてリハビリの様子をマスコミに公開する姿勢に感動せずにはいられません。誰でもができることではないはずです。真からのスーパースターだったと思います。

アイドル絶頂期を過ぎたあとの四十半ばくらいの頃でしょうか。西城さんが野口さんと対談している番組を見たことがあります。日ごろからの仲のよさが伝わってくる内容でした。絶頂期の頃は忙しすぎて一緒に遊ぶ時間もなかったはずですが、当時の分を取り戻しているかのように一緒に過ごす時間を持っているようでした。おそらく西城さんにとってその頃が一番楽しい人生の時間だったのではないでしょうか。西城さんの人生の持ち時間が少なすぎたのが残念でなりません。


悲しいニュースが続きましたが、スポーツの世界でも悲しい出来事が起きました。日大アメフト選手の悪質タックルです。ニュースなどでなんども放映されていますので見た方も多いでしょう。誰が見ても「悪質タックル」です。SNSではいっせいに批判のコメントが投稿され、YouTubeでは当該選手のプロフィールなども報じられていました。

注目を集めたのは関西大学が記者会見をしたことがきっかけですが、日大の監督は批判が大きくなることを考えなかったのでしょうか。騒動が大きくなる前のインタビューでは悪質タックルを擁護するような発言をしていたことから察しますと、批判非難に相当するプレーとは考えていなかったようです。

このような監督の下でプレーする選手はかわいそうです。報道によりますと「試合に出たければ相手を潰してこい!」と暗に悪質プレーを促すような発言をしていたようです。しかも出場機会の激減した選手に話したのですから、その効果はてきめんのはずです。考えようによっては「弱みにつけこんで悪事を働かせている」ようにも思えます。

騒動以来、監督は雲隠れしておりマスコミの前に出てきませんでしたが、ようやっとマスコミの表れて「監督を辞任する」旨をコメントしていました。しかし、関係者が納得できる対応では決してありませんのでまだまだ騒動は続きそうです。

映像をシンプルに見ますとあのタックルは犯罪です。無防備の相手に対して背中から攻撃しているのですから一つ間違えると生命の危険に発展する可能性もあります。監督の言動にも問題がありますが、監督の言われるままに疑問を感じず実行する選手にも猛省してほしいと思っています。

せめてもの救いは「監督の指示」を証言する現役選手や退部する選手が多くいたことです。善悪の判断は上の人から指示されるのではなく自らがするものです。その気持ちを持っている選手が多くいたことが幸いです。

どんなスポーツであれ「フェアプレーの精神」は共通です。あのタックルはフェアプレー精神とはかけ離れたプレーです。アンフェアーのなにものでもありません。当該選手はそのことを全く感じなかったのでしょうか。それが残念であり悲しい気持ちにさせます。

「試合に出たい」という気持ちが善悪の判断を狂わせたのかもしれません。人生において自分の持ち時間を決めることはやってはいけませんが、スポーツという世界では自分の持ち時間は自分で決める権利を持っています。究極的に言うなら退部をすることも選択肢の一つに入れるべきでした。そのほうが人生という長いスパンで考えるなら自らの持ち時間を有効に使うことができるはずです。


そういえば、自らが善悪を判断することなく上司に指示されるままに言動する光景はどこかで見たことがあります。残念!

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:03 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

<人類 ファースト>

最近はどこのお店に行って必ず身体障害者用駐車場が設置されていますが、たまにその駐車場の要件を満たしていそうにない人が停めているのを見ることがあります。先日ホームセンターに行った帰りに、エレベーターで一緒になった5歳くらいの子供とてをつないだ若いお父さんが身体障害者用駐車場に停めた大きなワゴン車に乗り込み二人で乗って行きました。
また僕がいつも行くショッピングセンターは駐車場が広いのですが、店舗の入り口から離れたところにある駐車位置の近くにはショッピングカートが置きっぱなしになっている光景を見かけます。
世の中の公共心と言いますか、公共マナーを守る心が段々と失われているよう気がして悲しい気持ちになります。


結局、柳瀬元秘書官の参考人証言でもなにも変わらないようです。野党は「これで疑問が深まった」などと言っていますが、今の状況ではどれだけ追及をしてもこれ以上進展しないのではないでしょうか。柳瀬元秘書官の証言について愛媛県の中村知事が強く反応していますが、僕などはその反発の姿勢になにかほかの意図を感じてしまいます。

評論家の中には「家計学園問題ばかりを追及していると、ほかの審議がおろそかになる」と発言している人もいます。たぶん一般の人の中にも同じような考えと言いますか、「飽きてきた」人も多いように思います。詰まるところは、自民党の議席が安泰である状況が根源です。そして、そうした状況を選んだのは僕たち国民です。

確かに、選んだのは僕たちですがその選択肢しか示せない野党にも責任があります。たぶんいくらかでも政治に関心のある人ですと、自民党以外の政党に政権を任せることにためらいを感じていることが原因でしょう。あまり政治に関心のない人ですと、自分の身の回りのことについて言うなら「直接的な不利益をこうむっていない」と思っていることが理由です。そして、意外にこういう人は少なくないのが現実です。

今でも世界各地で紛争地域が起きており、そこで暮らしている人たちは苦しい生活を強いられています。そういう人たちに比べますと、今の日本の状況は幸せな環境です。お腹が空いたらコンビニで食料を買うことができますし、お金に余裕がある人ですとおしゃれに関心を持ったり趣味に時間を費やすつことができます。このような日本ですので家計学園問題を追求し続ける野党の姿勢に疑問を感じるのも当然と言えそうです。


平和な国家、日本の中である程度満足できる生活を送っている人が世界に関心を持つのは困難です。シリアで難民として苦しんでいるクルド人やミャンマーで虐げられているロヒンギャ族の人たちの悲惨さをニュースで知ることができても少しの間同情心が芽生えて、それでおしまいです。

おそらくこのような人は日本だけではなく、いわゆる先進国で生活をしている人の大半のはずです。今世界を見渡しますと、民主政治を行っているほとんどの国で極右政党と言われる政党が伸張しています。排他的で民族主義的で自分たちだけの幸せを求める政党ですが、そうした政党を国民が支持しています。しかし、その選択には世界という視点が欠けています。「自分たちだけが幸せならばそれでよい」という発想です。

トランプ大統領は「アメリカ ファースト」と叫んで当選しました。アメリカさえよければそれが幸せという主張です。この発想の裏返しは「世界がどうなろうが知ったことではない」です。かつてアメリカは「世界の警察官」を標榜していましたが、現在はそこまでの国力がなくなっています。それが「アメリカ ファースト」につながっているのですが、警察官とまでは言わなくとも視点を世界に向けることは必要です。なぜなら、世界で戦争がはじまると最終的には人類全員が損失を被るからです。

次に世界戦争が起こったときは地球の破滅であるのは間違いありません。核爆弾を持っている国が揃って核のボタンを押したならそうなるしか道はないからです。それなのにトランプさんは米国大使館をエルサレムに移転させるという決定をしました。そのトランプさんは選挙で選ばれている正当な大統領です。

米国大使館をエルサレムに移転することは中東を不安定にする要因でしかありません。そこには「アメリカ ファースト」の視点しかありません。中東の不安定は世界の不安定につながります。下衆な話ですが、中東が不安定になりますとガソリンが高くなり僕の仕事に悪影響があります。このように書きながら、僕にも「自分ファースト」の発想があるようで申し訳ない気持ちになりました。

最近、僕が最も印象に残っている言葉は町山智浩さんの言葉です。町山さんは映画評論家として有名ですが、ラジオを聞いていましたら「民主主義は少数派を見殺しにするシステムだ」と話していました。多数決の論理は知っていましたが、町山さんのように激しい言葉で説明されますと、驚かされます。

多数決では一応「少数派の尊重」などという付則も言われますが、現実は多数派だけの意見が通るシステムです。ですので、少数派の人の意見は常に実現することはできません。町山さんはそのことを強く話していたのですが、まさに正論です。少数派はいつまでたっても損な立場から逃れることはできなくなってしまいます。

そこで重要になってくるのが視点です。「自分たちだけが幸せになる」という視点ではなくもっと広い視野で考えることが必要です。みんなが「人類みんなが幸せになる」という視点で投票をするなら世界を平和にする政治家が選ばれると思います。

ここ最近のトランプさんの行動を見ていますと不安になることが多々あります。戦争って簡単に始まりそうもありませんが、始まるときはちょっとしたきっかけでも始まることがあります。みんなが「人類 ファースト」で考えればいいのになぁ。

でも、悟空なら「宇宙 ファースト」って言いそうだな。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:33 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

<今は昔>

ゴールデンウィークもとうとう終わってしまいましたが、皆さんはどのようなゴールデンだったのでしょうか。また明日から普通の日常がはじまります。

さて、昨日お風呂から上がり居間に行きましたところ妻が卓球の世界大会を見ていました。僕が見たときはちょうど伊藤美誠選手が中国の劉詩選手と試合を始めるところでしたが、試合がはじまったとのあまりの面白さについ最後まで見てしまいました。

卓球と言いますと、なんとなく暗くマイナーなイメージがあり、テレビには不向きな感じがしていました。ですが、ラリーの速さは見ごたえのある映像になっていました。あの速いボールの行き来は見ている人を興奮させるものがあります。

この試合は卓球の世界大会だそうで、僕が見たのは団体戦の決勝戦でした。団体戦は5試合を戦う中で先に3勝したほうが勝ちになるそうです。伊藤選手は1番手として出てきていましたが、相手の劉詩選手は日本人相手に30戦以上連勝をしている強敵だそうです。その相手になんとフルセットの末に勝利をしたのですが、勝利の瞬間僕は思わず「おお!」と声を上げてしまいました。

結局、最終的には団体戦としては3対1で敗れてしまいましたが、日本の健闘は褒め称えられてよいのではないでしょうか。しかも選手の平均年齢が若いということはこれからの日本卓球界に期待を持てることを意味します。

それにしても卓球がこれほどテレビの映像に向いていると感じたのは驚きです。テレビ局は東京12チャンネルでしたが、主要キー局でないところが今のテレビ界の一面を表しているように思います。主要キー局の方々は卓球の魅力をきちんと理解するまたは感じる感性に欠けていることになるからです。

そのテレビ業界でここ数年言われていることがフジテレビの凋落です。僕が20代30代の頃はフジテレビが絶頂の時期でしたので現在の絶不調が不思議でなりません。フジテレビの絶頂期と言いますとフジサンケイグループの鹿内一族の興亡が思い出されます。これを書きますと長くなりますので飛ばしますが、鹿内一族のお話は若いビジネスマンには興味深く感じること間違いありません。

それはともかく先日もヤフートピックで4月からはじまったフジテレビのドラマがすべて視聴率が一桁であったことが報じられていました。今の時代は昔と比べて視聴率が全体的に低くなっていますが、それを差し引いてもすべてのドラマが一桁というのはやはり注目されます。

僕はフジテレビの現在の状況を最も象徴しているのは林修先生の起用方法だと思っています。林先生とは「いつやるの?今でしょ」で有名な林先生ですが、林先生はフジテレビのほかにはTBSとテレビ朝日にレギュラーを持っています。この3つの局で林先生の魅力を引き出し切れていないのがフジテレビだと感じていました。

最初に林先生の魅力を引き出していたのはテレビ朝日でしたが、TBSも当初は試行錯誤していた時期がありましたが、現在はその時期を脱した感があります。「林先生が驚く初耳学」は当初、このような番組が成り立つのか疑問に感じていましたが、現在は見ごたえのある番組になっています。

今春よりフジテレビもようやく『林修のニッポンドリル』という林先生を前面に押し出した番組をはじめましたが、遅きに失した感は否めません。たぶん今の状況をフジテレビがどんなに頑張っても覆すことはできないのではないでしょうか。そのような流れが固まってしまっていて、時間が過ぎるのを待つしか術はないように思っています。

ちょっと古い話になりますが、かつてビール業界はキリンビールの独壇場でした。1987年にアサヒのスーパードライが発売されるまで首位をダントツで独走していました。それまでアサヒやサッポロなどがどんなに頑張っても追いつけない壁として立ちはだかっていました。

今の若い人には信じられないでしょうが、シェアが60%以上もありましたので「もしかしたら独占禁止法で分割されるかも」などと言われるほど強かったのです。そのキリンビールを追い落としたのがアサヒのスーパードライでした。当時の経営関連の本には必ずスーパードライの成功について書かれていましたが、そのきっかけを作ったのが樋口廣太郎氏でした。樋口氏は住友銀行の副頭取から天下ってきた方ですが、負け根性が沁みついていた企業を立ち直らせたことでも有名になりました。樋口氏はアサヒビールの中興の祖と言われています。

少し寄り道をしますと、樋口氏がアサヒビールで成功したことは「ビジネスマンの人生」という意味でも注目を集めました。銀行というところは出世競争が激しいのですが、その中でも最大手の一つである住友銀行での出世競争の激しさは半端ではありません。副頭取から取引先の企業に天下るということは出世競争に負けたことを意味します。しかも、当時アサヒビールは赤字に苦しんでいましたので、決して優良企業とは言えない企業でした。その企業に天下って復活させたのですからビジネスマンの人生という意味においてもダイナミックは生き方でした。財界人としても見事復活した姿を世の中に見せました。

住友銀行はこのあと世間を揺るがす大事件を起こすのですが、もし樋口氏が銀行で順調に出世して頭取になっていたなら人生後半の栄光は得られなかったでしょう。名経営者という称号を得られたのは出世競争に負けたからとみることもでき人生の不思議さを思わずにはいられません。

話しを戻しますと、キリンビールはアサヒがスーパードライを発売してから一気にシェアを落とすのですが、その後かつてのような独壇場を築くことができないどころかアサヒの後塵を拝するほうが多くなっています。今ではアサヒと抜きつ抜かれつの関係ですが、これが普通の時代になっています。

ビール業界に限りませんが、今の時代はある一つの企業が独壇場を築くという時代ではなくなりつつあるようです。唯一それが可能なのはインフラに関する業界です。具体的には、IT業界におけるプラットフォームのことですが、これさえも次々に新しい技術が生まれることで確実ではなくなってきそうです。

昭和の戦後「君の名は」というラジオドラマが放送されていた時間帯は女風呂が空になると言われていました。ほとんどの女性がラジオの前でドラマを聞いていたからです。しかし、このような時代は「今は昔」です。楽しみが多種多様し、メディアも多様化した今の時代は低いシェアでも長続きできるようなもの、つまり低いシェアでも利益を出せる構造なりシステムを確立することが重要になってくるのではないでしょうか。

そんなことを考えたゴールデンウィークでした。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:54 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

<明後日はメーデー>

僕がラーメン店時代に納得できないことの一つに求人広告がありました。納得できない理由はその金額の高さと不透明さです。不透明さについてはテキストで書いていますが、本当に効果があるのがわからないのです。そのような状況で出稿代金が高いのは広告を出す側としては納得できるものではありませんでした。

僕がラーメン店をやっていた当時、縦横3〜4センチの枠で出稿代金が3万5千円でした。たったの1回の金額です。ラーメン店の1日の儲けをはるかに超える金額です。この広告を1ヶ月に2回出したら7万円です。しかも、一人も応募がないこともあります。これほど費用対効果が悪いことはありません。ですから、納得できなかったのです。

しかし、当時の求人方法はこれしかありませんでした。受け入れるしか術はなかったのです。それから時代が移り変わり、現在は求人募集をする段階ではなく採用が決まったときに代金が発生するシステムが登場しています。インターネットを活用した求人システムですが、これまでのような無駄な求人募集をしなくて済むようになっています。初めてこのシステムを知ったとき「素晴らしい!」と思ったのは言うまでもありません。

ご存知ない方のために簡単に説明しますと、インターネット上の求人サイトに広告を載せます。そして、それを見た人が応募して問題がなければ採用となり、求人活動は成功したことになります。このシステムのすごいところは採用が決まったことを「求人会社がどのようにして知るか」です。募集をかけた会社が報告しなければ求人会社は報酬を受け取ることができません。

そこで考え出されたのが採用された人に求人会社がお祝い金を支払うシステムです。採用されるだけでお金がもらえるのですからほとんどの人がお祝い金の申請をします。そのときに求人会社は採用の事実を知ることができます。よくできたシステムです。

ですが、もちろん100%完璧ではありません。抜け道もあります。募集をかけた会社が採用した人に「求人会社に申請しないよう」に依頼することです。このような対応をされますと、求人会社は採用の事実を知ることができず報酬を受け取ることができません。もちろん募集をかけた会社は採用した人にお祝い金と同じ金額以上を採用者に支払いますので採用者が損を被ることはありません。

このお話は、僕が体験したことです。

このように科学の進歩は世の中の無駄を減らすこと、もしくはなくすことに貢献しますが、中には進歩を受け入れることを拒否する人もいます。その理由は「進歩すると自分が損失を被る」からです。政治的な言い方をするなら既得権益者の発想です。

古い話すぎて恐縮ですが、今のバスはワンマンバスですが、昔のバスは運転手さんと車掌さんがいました。運転手さんは運転だけを行い、乗車するお客様に切符を売るのは車掌さんが行っていたのです。それが科学の進歩により運転手さん一人で運転と乗車料金の徴収もするようになりました。もちろん当時のバス会社で働いている人たちは大反対しました。

僕は自分でも不思議なのですが、脱サラするくらいですから経営者側の発想もしますが、労働者側の発想にも共感します。経営側と労働者側の発想の対立で僕が今までで一番記憶に残っているのは、僕と僕の父との言い争いです。確か、僕は学生でしたが、父の考え方にやけに反発してかなり激しい言い争いになった記憶があります。

それは今のJR、昔の国鉄時代の労働環境についてです。父は地方公務員の末端の現場で働いていた経験があります。その父と言い争いになった論点は「勤務時間中のお風呂」でした。昔の国鉄で働いている人は仕事の最後にお風呂に入っていたそうですが、そのお風呂に入るのを勤務時間中にするか勤務時間が終わってからにするかで父と揉めました。

父は「勤務時間中にお風呂に入るのは当然」という発想で、僕は「お給料をもらっているのだから勤務時間中にお風呂に入るのはダメ」という発想です。「言い争い」というのはいつも「答えが出ない」ものですが、このときも両方が納得できる落としどころはでないまま終了しました。

おそらく父はあまり覚えていないでしょうが、僕にとっては社会人として働く際の心構えに大きな影響を与えています。僕が会社勤めではなく個人事業主として働きたいと考えるようになった遠因と言えなくもありません。

ある経済評論家が「経済はゼロサムだ」と話していました。ゼロサムを辞書で調べますと「本来の意味としては、合計するとゼロ(0)になることをいいます。これは、一方の利益が他方の損失になることであり、通常、マーケット(市場)においては、一方が利益を得たならば、もう一方は損をして、全体としてはプラスマイナスゼロになることをいいます」と説明していますが、誰かが得をしていることは違う誰かが損をしていることになります。

国鉄が民営化された理由は巨額の赤字が累積していたからです。その原因は勤務時間中にお風呂に入るような慣習が労働現場に根付いていたからです。そして、それを可能にしていたのは強い労働組合でした。現在の労働組合の組織率はわずか20%前後ですが、その根本的理由は現場で働いている人たちが労働組合に共感していないからです。

過激な労働組合の発想が若い人たちに支持されず、少しずつ組合離れが起き今の惨状になっています。そもそも論になりますが、今の労働組合は現場で働いている人に寄り添った活動をしていないのが実状です。なにしろ労働者の約4割が非正規の状況ですが、非正規の人たちは労働組合とは無縁の人たちです。

しかも真の意味で労働組合の活動をしているのはいわゆる大企業に働いている人だけです。そして、日本の企業における大企業の割合もわずか10%前後です。このような状況で労働組合が現場で働いている人の代表を標榜するのは無理があります。

今国会では働き方改革が審議されていますが、真面目に働きたいと考えている人たちが満足はできなくとも納得できる労働環境になるような社会になればいいな、と思っています。

明後日はメーデーです。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:36 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

<不遜>

僕はパフォーマンスが好きではないのですが、立場やタイミングによってはパフォーマンスも必要とされる場面もあると思っています。それでもあまりにパフォーマンスが過ぎるとやはり白けてしまいます。財務省の福田事務次官が辞職しましたが、野党の女性の皆さんが黒い衣服を着てセクハラ批判のために行進をしている映像は白けてしまいました。

僕の率直な感想としては、安倍政権を退陣に追い込む手法が政策や不適切な行動を追及するのではなく、官僚のセクハラ発言を批判することで追求するやり方に違和感を感じています。健全な政治を行うために野党が与党を批判するのは当然ですが、その批判の対象は政治案件であるべきです。もちろんセクハラも重要な問題ですが、元々の核心である森友学園問題や家計学園問題で責任を追及するのが筋というものです。

野党の女性議員のパフォーマンスを(映像では男性議員がひとり映っていましたが)見ていますと、マスコミ受けを狙って行動しているように感じるのは僕だけではないはずです。このようなやり方しかできないことところに安倍政権が6年も続いている理由があるように思います。

ここ2ヶ月くらいにいろいろな問題が連続で起きていますのでごちゃごちゃしてなにが問題なのか、わからなくなっている人もいるかもしれません。ですので、今週は若い読者の方のために時系列で説明しようと思います。

まず、一昨年あたり前から前森友学園と家計学園の問題が起こりました。簡単に言いますと、前者は国有地を相場よりもかなり安く森友学園に販売したことが問題となりました。売却の際に森友学園の籠池理事長が安倍首相もしくは昭恵夫人の後押しがあることを臭わせたことで安倍首相の関与が疑われた問題です。このときは昭恵夫人が名誉会長に就任してスピーチしている映像も放映されています。

ここで証人喚問された佐川元理財局長が出てきます。安倍首相が国会で「自分が関与していたら、国会議員を辞める」と発言したことで財務省と森友学園のやり取りが書いてある決裁書の書き換え問題が起こります。これはまだ決着がついていません。

次に家計学園ですが、これは安倍首相と個人的に親しい財界人が獣医学部を新たに開校することが問題の核心です。つまり、親しい知人に便宜を図ったかどうかが焦点となります。この問題では「岩盤規制」とか「首相案件」などという言葉で出てきましたが、つまりは新しい獣医学部を作ることの是非が問題の核心です。

これは僕もどちらが正しいのか今一つ分かりかねるのですが、これまでの行政の考え方は「獣医の数が多いので新たに獣医さんを養成する大学を作る必要はない」というものでした。これが岩盤規制です。しかし、主に関西地域では「獣医は足りていない」と主張する人もいます。あまりテレビでは放映されなかったようですが、元文部官僚でその後愛媛県の知事をやっていた加戸守行氏は「10年以上前から家計学園を誘致していた」と参考人として証言しました。

つまり「岩盤規制」自体が間違っているのだから、それを改めようとする動きが「首相案件」です。ですから、本来「首相案件」というのは「便宜を図る」ことを意味するのではなく「岩盤規制に風穴を開ける」といういい意味でつかわれていました。それなのに現在は「首相案件」が「違法に便宜を図った」こととして捉えられているのが僕としては不思議です。

もちろん安倍首相が親しい友人に便宜を図るのはいけないことですが、加戸守行氏の証言が真実であるなら「誰もが引き受けないことを、お願いしてやってもらったこと」になります。もしそうであるなら、家計学園問題の見方も変わってきます。

今後、当時安倍首相の首席補佐官をやっていました柳瀬さんという方が証言することになりそうですが、結局は柳瀬さんがとった対応も「便宜を図った」ことになるのかそれとも「岩盤規制を正した」ことになるかで判断が変わることになります。

こうした問題が解決しないうちに、財務省事務次官のセクハラ発言が起こりました。今の状況は森友学園問題や家計学園問題よりもセクハラに焦点を集めているように見えます。政治家の中で生き残るテクニックを身に着けている人はそのときどきでマスコミに取り上げてもらうコツを知っています。それが透けて見えますと、僕は白けてしまうのです。

確かに、高級官僚の傲慢さは見ていてみっともないですが、傲慢なのは高級官僚だけに限りません。実は、官僚を批判している大手マスコミで働いている人たちも高級官僚に負けないくらい傲慢です。その証拠に記者クラブでは大手の人が自分たちのやりたいように仕切っていますし、政治家との親密さを誇示しています。

さらに言うなら、傲慢な人たちというのはどの業界にもいます。そうした人たちに共通しているのは競争に勝ち続けていることです。大手企業で働いて出世している人たちは受験競争に勝ち、そして社会人になるときは入社試験競争に勝ち、会社では社内競争に勝った人たちです。大企業である程度の役職に就いている人たちはこのような人たちです。ですから、大企業でそこそこの役職に就いている人が傲慢でないはずがありません。

ある意味、この世の中は傲慢な人が動かしています。世の中を動かすには権力が必要ですが、権力を持つには競争に勝つ必要があります。つまり、競争に勝ち続けた人が社会を動かすことになりますが、そのような人が動かす社会が弱者にやさしい社会になるはずがありません。

元衆議院議員山本譲司氏の著作に「獄窓記」という本があります。この方は秘書給与をごまかしたことで服役までしたのですが、この方が刑務所で経験したことをつづった本です。当時話題になり、ドラマ化もされていますのでご記憶のある方もいるでしょう。僕はこの方の潔さに感銘したのですが、さらに刑務所内で障害のある受刑者たちの世話役に従事することで人間的にもう一回りも大きくなったように思えました。

この事件のとき、山本氏以外にも秘書給与をごまかしていた政治家がいました。その方たちが見逃されたのに対して山本氏は服役までしたのですが、ある意味、見せしめと思えなくもありませんでした。ですが、それを受け入れた度量に人間としての大きさ素晴らしさを感じずにはいられません。現在は政治家ではなく福祉関連の仕事をしているそうです。ちなみに、秘書給与をごまかしながら罰則を逃れた政治家は今も政党のポストについてマスコミに登場しています。

僕がこの本の中で印象に残っているのは、痴呆が入った老人の囚人を介護する場面で排泄物を手で処理をしているときに刑務官から「とうとうおまえも落ちたな」と言われる場面です。刑務所の中では刑務官が権力者です。大げさに言うなら、山本氏はこのとき初めて権力の持つ不遜さを感じたのではないでしょうか。権力というのは持ち続けていると権力の大きさを忘れてしまうようです。

セクハラもパワハラも突き詰めて考えますと、力を持っている者の不遜さが具現したものです。そして、その不遜さは勝ち続けることから生まれます。もし、読者の中で勝つ続けている人がいましたら、是非一度わが身を振り返ってみてください。

以上、負けたことが多いおじさんの意見でした。

じゃ、また。



スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:52 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月15日

<現場を知る大切さ>

僕は自衛隊の日報問題が出てきたとき、ちょっとうがった見方をしました。それは森友学園問題で安倍首相が追い込まれている最中での突然の日報問題報道だったからです。つまりマスコミや世論の関心を森友学園問題からずらすためにリークしたように思ったのです。しかし、自衛隊の日報問題が報じられたあとに今度は家計学園問題が再燃する報道がなされました。愛媛県に家計学園と安倍首相の関係を示唆するような文書が残されていた、という報道です。

この新たな報道によりマスコミや世論の関心は自衛隊の日報問題から再度安倍首相への追及に戻ったように見えます。その証拠に新聞やテレビの報道の仕方を見ていますと、どれか一つに集中するというよりもこれらを万遍なく丁寧に報道しています。

僕の印象では、マスコミが盛り上がる節目はすべて朝日新聞のスクープが発端になっているように感じます。こうした状況から全体を俯瞰しますと、朝日と官邸の戦いと見えなくもありません。本来、読売と産経は安倍首相の側に立った報道をする傾向がありますが、その2社までもが安倍首相を追求する側に回っているのが現在の大きな変化といえます。

昨日は、小泉元首相がわざわざ「安倍首相の三選は難しいんじゃない」などと取り囲む記者団に語っているのを見ますと、自民党の中でもいろいろな動きがあることが想像できます。財務省の事務次官のセクハラ発言や厚生労働省の局長の不適切な発言などの報道も同じ流れにありそうで、今の状況はマスコミ全体が安倍政権を倒す側に回っているように見えます。

安倍首相は前回の首相時代の失敗を教訓にして2回目の今回は実にうまく立ち回っているように思えました。しかもそのやり方が悉く成功していたのが印象的です。ですが、さすがに6年もやっていますと、脇が甘くなってきたのかもしれません。これまで幾度か瀬戸際に追い詰められても国民の「忘れやすい性格」を巧みに操って支持率回復を成し遂げてきました。しかし、今回はこのやり方が通用しそうもないように思います。果たして今後安倍政権はどのような展開を見せるのでしょう。


なんてことを思いながらyafoo topicを見ていましたら、コンビニの記事が目に留まりました。ローソンが新卒の社会人を加盟店主として募集する記事です。ローソン側の立場で考えますとなかなか良いアイディアですが、新卒社会人の立場で考えますとあまりよい募集とは言えません。

ビジネス社会のことをなにも知らずにいきなり独立した立場で、しかも加盟店としてかなり不平等に思える契約内容で働くことは決してよい経験ではありません。まずは普通の会社員として世の中で働き、一般のビジネス社会の感覚や慣習を体験してからでなければ将来後悔することになります。極端な表現をするなら、チェーン本部にとって都合のよい考え方の偏ったビジネスマンになってしまいます。

経営側の考え方に偏向した人間が店舗を運営するとは思えません。なぜなら、コンビニは自分ひとりで運営するのではなくアルバイトの人やパートさんなど他人を雇用する必要があるからです。チェーン本部は従業員を教育する方法も教えると思いますが、その教育も突き詰めるならチェーン本部が得をすることが基本的発想になっています。どんな場面でも偏った考え方を身に着けることの愚かさはオウム真理教事件が教えています。ですから、初めて社会に出て働く人は普通の会社員として出発するのが正しい選択です。

体験記に書いていますが、僕は30才を過ぎたばかりのときにラーメン店で独立をしました。最初の頃はもちろんわかりませんでしたが、ビジネス社会人の基本が身についていませんでしたのでたくさんの失敗をしてしまいました。少しだけ儲かり曲がりなりにも13年間も続けられたのはたまたま運がよかったからにすぎません。

僕は独立するまでの社会人の経験はスーパーで平社員として働いた3年間しかありませんでした。その程度のビジネスマンとしての実力でしたので5年どころか3年以内に廃業していても不思議ではありませんでした。ですから、会社員として普通に働くことはとても重要です。それにもかかわらず、ローソンが新卒で加盟店主を募集するのは新卒社会人の人生を考えていないとしか思えません。ですので僕はローソンのやり方に反対です。

このようなことを書こうと思ったのはコンビニに関するほかの記事を目にしたからです。それは昨年ファミリーマートの新社長に就任した澤田貴司氏についての記事でした。昨年コラムでコンビニの大手3社の社長について書きましたが、その中でも澤田社長は僕が最も応援したいと思っている社長です。

僕が応援したいと思った理由は、加盟店主側の意向をチェーン運営に取り込もうという意思が強く感じられたからです。その一番は24時間営業の見直しでした。澤田社長は昨年のインタビューではっきりとそのことに触れていました。しかし、残念ながら進んでいないようです。

前にも書きましたが、コンビニの24時間営業の見直し挑戦は澤田社長が初めてではありません。今はサントリーホールディングスの社長に就いています新浪剛史氏が最初に取り組みました。しかし、結局実現できることなく社長を去っています。澤田社長も同じ道を歩みそうな感じがしているのが残念です。

澤田社長の一番尊敬できる点は現場で働いている人をとても大事にしていることです。ですから経済紙で紹介していますが、澤田氏は社長に就任してから実際に店舗でレジ打ちまで体験しています。現場で働いている人の気持ちを理解するためですが、このような行動をすることが尊敬に値します。

ですが、人間性と経営力は別物なのかもしれません。凡人である僕にはそのあたりはわかりかねますが、澤田社長のやり方もしくは考え方に異論を唱えている人物が澤田社長の上司の立場の人にいるようです。

その人物とはユニー・ファミリーマートホールディングスの高柳浩二社長ですが、澤田社長の考えを否定する意見をインタビューで答えています。澤田社長は自分の思い通りに進められないことに苛立っているのではないでしょうか。最終的は、企業は人事権が大きな力を持ちます。今回サッカー代表の監督が解任されましたが、企業に限らず組織はすべて人事権が一番大きな力を発揮します。

高柳社長のインタビューを読むまではファミリーマートは澤田社長の思いのままに改革できるかと思っていましたが、そうではないようです。結局、大手3社のコンビニも親会社の意向に沿って経営するしか方法はありません。ですが、こうした形態が加盟店の不利な契約内容が改まらない原因のように思います。親会社の幹部の人たちは加盟店という現場とはかけ離れた場所にいますので現場が疲弊している実感が沸かないのです。

シリアでどれだけ悲惨な状況になろうが、現場から遠く離れた平和な国では実感できないのと同じです。現場の苦しさを思いやれるような人が多くなるように努力することが大切です。


今週は、政治から経済、そして国際関係まで幅広くコラムってみました。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:49 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

<コミュニケーション>

やっぱり「持っている人」は違いますよねぇ。生まれながらの星というものを「持っている人」はいるものだなぁとつくづく感じさせる大谷選手です。これほどの好スタートを切ると誰が予想したでしょう。オープン戦の成績はひどいものでメジャーの評論家たちもボロクソに言っていました。それがいざ蓋を開けてみれば大活躍です。これほどうれしいことはありません。

しかも人間性というと大げさですが、性格のよさがメジャーリーグの選手からマスコミからファンを魅了しているように思います。初ホームランを打った新人に行うサイレントトリートメントというメジャーリーグの悪戯ドッキリに対する振る舞いが好印象を与えたようです。何度もニュースで映し出されていました。

以前、ドジャースの前田 健太投手がホームランを打ったときもサイレントトリートメントの洗礼を受けていましたが、そのときの前田投手の振る舞いもかわいらしく好印象でした。あのときの悪戯をしている周りの選手の表情を見ていますと前田投手がチームのみんなから受け入れられていることがわかります。

どんなスポーツであろうが、また職場であろうが究極的には人間関係が最も重要です。メジャーで活躍するには能力や技術も大切ですが、同じくらい周りに溶け込むことが大切です。今年から巨人に復帰した上原投手はメジャーリーグで投げていたとき、日本にいるときよりも大げさに喜びを身体全体で表していました。おそらくあの振る舞いも上原投手が考え出したコミュニケーションの取り方だったように思います。

日本人のメジャーリーグの先駆者と言いますと野茂英雄さんですが、野茂さんは大谷選手や前田選手のようなお茶目なところはありませんでしたが、監督や周りの選手たちとのコミュニケーションがうまくいっていた印象があります。野茂さんの場合はお茶目ではなく素朴な性格で周りに溶け込んでいたように思います。このような人たちを見ていますと、大切なことは周りと壁を作らず心を開くことのように思います。言葉を変えるなら信頼されることでしょうか。

これらの選手たちに比べて周りの選手たちとうまく意思疎通ができていなかった印象があるのがイチロー選手です。今年に入ってからマリナーズに復帰したイチロー選手ですが、マリナーズから出ていくときはあまりよろしくない噂が流れていました。

イチロー選手は「孤高の人」というイメージがありますが、イチロー選手は「ルーチン」という言葉を広めました。コツコツと毎日の積み重ねの大切さを教える言葉ですが、それを実行するためには「孤高の人」を貫き通す必要があります。そのような側面が周りの人との間に壁を作っていたのかもしれません。

イチロー選手がマリナーズを去る数年前からチーム内における人種差別のことなどが報じられるようになっていました。そうした噂が出ること自体、周りの人とのコミュニケーションがうまくいっていなかったことを表しているように思います。

言うまでもありませんが、イチロー選手は誰もが認める実績を残しています。今年7年ぶりにマリナーズに復帰したイチロー選手ですが、スポーツニュースなどを見ていますと、前に在籍していたときよりもファンやチームの選手から愛されているように思います。元々実績はリスペクトされるほどのものがありますし、年齢を重ねたこととも相まって周りの選手との壁もなくなっているように映ります。「映る」というよりもそのようになってくれることを願ってやみません。


人間関係の重要さを考えていましたところ、防衛省の日報問題が報じられました。森友学園の決裁書書き換えが批判されている一連の流れの中から出てきたようですが、突然報じられました。「『ない』と言っていた日報が実は『あった』」というもので、しかも数日後には「本当は、1年以上前にわかっていた」とも報じられています。何をかいわんやです。

簡単に言ってしまいますと、自衛隊が大臣にウソの報告をしていたことになります。この状況はまさしくシビリアンコントロール(文民統制)が行われていないことを示しています。

僕が思うに、本来これは絶対にあってはならないことです。かつて日本が戦争に突入したのは軍部が暴走をしたからです。そうしたことを繰り返さないためにシビリアンコントロール(文民統制)を基本原則とした経緯があります。「ウソの報告」はそうした理念を完全にないがしろにするものです。もっともっと国民は怒りの声を上げるべきです。

それにしてもこれほど簡単に「ウソの報告」をすること自体がすでに自衛隊の制服組が大臣または総理大臣を自分たちの指揮官と認めていないことを示しています。そういえば以前、防衛相内において背広組よりも制服組のほうが強くなっているという記事を読んだことがあります。制服組のトップである陸上幕僚長が謝罪している映像が流れましたが、本当は防衛相内のもっと奥の方では背広組と制服組の対立が繰り広げられている可能性もあります。

この問題はまだまだ解決には時間がかかりそうですが、今の防衛相の大臣が小野寺氏で本当によかったと思っています。あくまで僕の印象ですが、小野寺大臣は安倍首相シンパの中でもバランスのとれた正直な人という感じがしています。以前朝早く仕事に行っていたとき午前5時ころのラジオ番組に出演して政治のことなどをいろいろとお話ししていたのですが、実直な人柄が伝わってきました。

小野寺大臣に比べますと、その前の大臣は背広組制服組の両方から信頼されていなかったのがわかりました。ある意味、だからこそ日報の存在を正直に伝えなかったではないでしょうか。そんな感じがしないでもありません。

どんな世界でも人間性と言いますか、人柄って大切です。どんなに素晴らしい業績を上げながらも認められない人もいれば、業績などは平凡であるにもかかわらずその人柄により周りから慕われる人もいます。「棺を蓋いて事定まる」といったところでしょうか。

安倍首相も権力者ですのでいろいろなところから批判されたたかれることが多いでしょうが、「棺を蓋いて事定まる」の心意気で自分の信念に基づいて頑張ってほしいと思います。僕の考えは安倍首相とはちょっと相容れないところがありますが、信念を持って前に進むのは悪いことではありません。

日報問題が出たことで安倍首相の本丸である憲法改正は足止めになるかもしれません。そのことはとても残念でしょうが、日報問題に関心が集まることで森友学園問題から目を逸らすことには成功しています。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:53 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

<削除>

先週は自分のサイトの構成を少しだけ変更しようとしたのですが、その際にミスをしてしまい、とても面倒なことを起こしてしまいました。それはwordpressをインストールしようとしたときにインストール先を間違えてしまったのです。その状態から元に戻すまでの一連の作業で起きた事件でした。

僕はロリポップというレンタルサーバーを利用しているのですが、誤ってインストールしたwordpressの削除は思いのほか面倒で大変でした。当然ですが、素人の僕が最初にやることは削除のやり方を調べることです。マニュアルの手順を熟読し慎重に進めました。なんとか自分ではうまくできたと思いその日は眠りにつきました。

そして翌日自分のサイトを見てみますと、なんと削除したページ以外のページまで見られなくなっていたのです。ガビーン!です。これまでにも書いていますが、僕は文系でありながら機械類も「自分で直せるのではないか」と考える人間です。ですので、最初は一応自分で挑戦してみます。今回のwordpressの削除もその気持ちから出た作業です。マニュアルを読みそのとおりに進めるときのワクワク感。そしてうまくいったときの感動がうれしいのです。

しかし、自分の限界を悟ったときはあきらめるのも早いのです。無駄な努力をしてしまいますと時間を無駄にしたようでとても後悔するからです。このあたりの境目は実に微妙なのですが、いつもケースバイケースで判断しています。

今回のwordpressを削除したあとの対応は「自分の能力の限界」を感じました。そういうときはあっさりと専門家の指示に頼ることにします。僕は翌日、早速ロリポップさんの電話相談コーナーに連絡をしました。

実は、この相談コーナーに連絡をするのは2度目です。最初は契約をしたときにうまくアップができずに連絡をしたのですが、そのときの対応に満足していました。満足の一番目の理由は電話がすぐにつながることです。

インターネット関連の会社に限らないのですが、今の時代はある会社に連絡をとろうと思っても人間のオペレーターにつながるまでに時間がかかります。ずっと呼び出し音が続いた挙句「もう少し時間を開けてから電話しなおしてください」などというデジタル音声のこともあります。しかし、ロリポップさんの相談コーナーにはすぐにつながりました。

さらに電話に出た担当者の方も的を射た回答とこちらの気持ちを想像する気持ちに長けている印象がありとても満足しました。このような経験がありましたので今回も電話したのですが、残念ながら今回は満足とはいきませんでした。担当者が悪いということではなく、「対応の術がない」ということがわかったからです。

確かに、削除の作業を進めているときに最後の画面で「これを削除すると元に戻せません」という警告文が表示されました。それを承知で削除したのですから責任はすべてこちらにあります。ですのであきらめるしか方法はなかったのですが、削除した記事を再度アップするのに時間と手間を要することになりました。どんなものでも削除をする際は慎重さが必要ということを実感しました。


削除に関連する先週の大きな出来事と言いますと、なんと言いましても元理財局長・佐川氏の証人喚問です。発端は国会で「決裁文書がない」などと発言したことでしたが、結局は当初の予想通り「なにも解明されないまま」終わってしまいました。証人喚問というシステムの限界を示しているように感じます。「答えを拒否する権利」が認められている証人喚問ではやっても意味がないように思います。証人の「善意だけが頼り」というのでは実効性に疑問がついて当然です。

詰まるところ、政治ショーに過ぎないと思うのは僕だけではないでしょう。野党も本気で「真実を追求」というよりも次の選挙のための印象付けという雰囲気が感じられ残念な気持ちになります。

証人喚問で僕が印象に残ったのは佐川氏のうしろに控えていた補佐人です。佐川氏は微妙な質問のときは補佐人のアドバイスを求めていました。名前のとおり証人を補佐する、つまりサポートする人ですが、証人の立場からしますとあの状況は多勢に無勢ですので絶対に必要な方です。僕は基本的に「判官贔屓」をモットーとしていますので佐川氏に対して好感はしていませんが、あのようなみんなで寄ってたかって追及するような状況では佐川氏に肩を持ちたくなってしまいます。

それはともかく補佐人についてネットで調べますと、元特捜部の弁護士の方でした。すると偏屈者の僕は今度は「特捜部から弁護士に転身」というのが気にかかりました。少し調べてみますと特捜部で活躍していた人のほとんどすべての人が退職後には弁護士になっているようです。しかし、市井で暮らす平凡な一般人の僕としては心にストンと落ちないものがあります。

検事から弁護士に転身する人たちは、容疑者を捕まえる側から容疑者を弁護する側に立場が変わることになります。その際に、わだかまりのような気持ちは起きないのでしょうか。僕にはそれが不思議です。もしなにも感じないのであれば、裁判というものを単なるゲームと考えているように思えてあまり気持ちのよいものではありません。

法曹界に従事している裁判官や検事や弁護士の方々は元をたどれば同じ過程を経ています。このような状況を見ていますと、法曹界は社会正義を実現する場というよりも知能が高い人たちが自分の能力を駆使して戦っている対戦ゲームの場のようにさえ映ります。
「これまではマリオだったけど今度はピーチ姫で戦おう」
「じゃ、俺はルイージね」
てなものです。

かつて「人は死ねばゴミになる」と人生を喝破した伊藤検事総長は「巨悪は眠らせない」と決意を語っていました。もし心の底から「世の中の悪い奴を捕まえるために働くんだ」と思っているなら検事の仕事を最後まで全うするでしょうし、心の底から「悪い人間でも弁護する人が必要だ」とか「世の中から冤罪をなくすんだ」と思うなら弁護士に一生を捧げるでしょう。

正反対の立場に簡単に変える生き方を見ていますと、単に資格が生かせて高額な報酬をもらえるならなんでもいいという発想が透けて見えます。つい最近も元特捜部の部長まで務めた方が交通事故で死傷事件を起こし、弁護士として高額な報酬を得ていたことが報じられました。やはり、このような生き方を見せられますと法曹界に違和感を持ってしまいます。

当人の考えの中では、それまでの生き方を削除して新しい生き方を選んだつもりなのかもしれません。ですが、周りの人の記憶まで削除できるわけではありません。

みなさん、くれぐれも安易な「削女」はしないように気をつけましょう。
あっ、間違えた!「削除」でした。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:44 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月25日

<神通力>

今週は元国税庁長官の佐川氏の証人喚問がありますのでマスコミはこの問題一色になることでしょう。しかし、予想では「検察の捜査がありますので」との言い訳で「中身のある証人喚問ができない」可能性が高いと言われています。野党議員が佐川氏からどれだけうまく事件解明につながる言葉を引き出せるかにかかっています。

遅きに失した感はありますが、ようやっと安倍首相の神通力にも陰りが出てきたように感じます。先週も書きましたが、やはり一強多弱の政界では健全な政治が行われるのは難しいですし、自民党内においても安倍総裁一強は健全な政党でいられなくなります。僕は反安倍さんでもありませんし、反自民党でもありませんが独裁のような政権運営はあってはならないと考えています。

神通力というのは不思議なものでほんのちょっとしたことでなくなるようです。神通力は人間の力では及ばないなにかしらの力が働いているように思えてなりません。

そんなことを感じたのはボクシングの山中慎介選手の世界戦を見たときです。「神の左」とまで賞賛されていた山中選手ですが、「神」という言葉が当てはまるような戦い方でした。全盛期はまさにボクシングチャンピオンとしての神通力が宿っていたように思います。しかし、残念ながらリベンジマッチではその神通力が全く感じられませんでした。前回負けたことで神通力が消えてしまったかのような戦いぶりでした。

確かに、相手のネリ選手が体重オーバーという不公平な試合ではありましたが、僕には山中選手から神通力のオーラが感じられませんでした。ボクシングの専門家によりますと、体重が1キログラム違うだけでパンチ力が全く違うそうです。解説の具志堅さんが「ネリのジャブがストレートくらいの威力になっている」と解説していたのが印象的でした。それを知ったうえでも、僕にはやはり山中選手に絶頂期の頃の神通力がなくなっていたように思います。

同じような感覚を元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者内山選手のときも持ちました。内山選手も山中選手に負けないくらいの実績のあるチャンピオンでしたが、リベンジマッチでは連勝をしていたときには身体全体から放たれていた神通力が感じられませんでした。防衛戦で負けた瞬間になくなったのかもしれません。

前に書いたことがありますが、僕は内山選手がとても好きでした。人間性が素晴らしいことがその理由でしたが、戦いぶりにも興奮していました。負けるまでの内山選手には間違いなく神通力がありました。たとえダウンをしても、そんなものは出合い頭の事故みたいなものですぐに倒せると思わせるオーラが出ていました。その神通力オーラがリベンジマッチのときは出ていなかったのです。

ボクシングついでに書きますと、あの世界最強と言われたマイク・タイソンも絶頂期のころは神通力が感じられ、相手選手はその神通力によって戦う前から負けていたように思います。しかし、一度負けて神通力が消えてからはただの強打者に過ぎなくなってしまいました。引退も仕方ない選択でした。

ヘビー級の流れで話を続けますと、マイク・タイソンよりもずっと前に神通力を感じさせたのはジョージ・フォアマンでした。フォアマン選手のパンチは「象をも倒す」と言われていましたが、チャンピオン時のフォアマン選手にはそれを嘘と感じさせない神通力がありました。その神通力を奪ったのはキンシャサの奇跡と言われるモハメッド・アリ選手です。神通力を奪うのですから「奇跡」が相応しい試合でした。不思議なことに、それ以降のフォアマン選手はやはりただの強打者になっていました。


ボクシングの話が続きましたので今度は産業界に目を移しましょう。
経営者の神通力は権力に裏打ちされていることが条件です。つまり社長ということになりますが、現在ですとCEO(最高経営責任者)のほうが相応しい役職名です。

話は少し逸れますが、先日日本電産の創業者である永守重信氏が社長交代を発表しました。しかし、代表権を持ったまま会長に残るのですからほとんどなにも変わらないことになります。これだけの経営者でも第一線を退くのには抵抗があるようです。しかし、人間というのはいつまでも未来永劫生き続けることはできないのですからどこかで引き際を決める必要があります。そのタイミングを見極めるのは簡単ではありませんが、いつまでも権力を持ち続けたいという姿勢は神通力を失わせるものです。

かつて三越百貨店は栄光を極めていました。その栄光を作ったのは岡田茂さんという三越百貨店の中興の祖と言われていた方です。その岡田氏は神通力が強いばかりに独善的になり私利私欲をむさぼるようになっていました。その岡田氏を失脚させた事件が「なぜだ?!事件」です。取締役会で思いも寄らない「社長解任動議が発せられ、ほとんど全員が賛成」となりそのときに岡田社長の口からから発せられた言葉が「なぜだ?!」でしたのでこのように言われています。

また話は逸れますが、当時の岡田社長のあまりにひどいやり方に憤りを感じて契約を切ったのがヤマト運輸の小倉昌夫社長です。岡田社長は下請けの取引先である配送業者に無理難題を押し付けていました。岡田天皇とまで評されていたのですからどれだけやりたい放題だったからわかろうというものです。

小倉氏はこれを契機に宅配便を開発して今の大成功を成し遂げるのですが、小倉氏は最後まで神通力を失わない稀有な経営者でした。小倉氏は宅配便で成功したあとにスワンベーカリーという障害者が働けるパン屋さんを作るのですが、その背景には家族の問題がありました。このことについては森 健氏の「小倉昌男 祈りと経営」に詳しく書いてありますので興味のある方はお読みになるとよいです。

さて、最後に政界に目を転じますと、神通力という言葉がピッタリと相応しいのはやはり田中角栄元首相でしょう。中卒で総理大臣にまで上りつめたのですから神通力以外のなにものでもありません。今官僚と政治家の関係が注目されていますが、政治家が官僚をうまく使うことを実践したという意味で田中氏の右に出る者はいません。

かつては日本の政治は実質的には官僚が動かしていました。なにしろ政治家は選挙で選ばれるだけですの専門知識をほとんど持っていなかったからです。各省庁のトップが集まる事務次官会議というものが毎週開かれそこでいろいろな政策が決められていました。

事務次官会議を仕切っていたことで有名な方は石原信夫氏という元内閣官房副長官ですが、竹下内閣から村山内閣まで政治を仕切っていたのはこの石原氏と言っても過言ではありません。それくらい官僚というのは力を持っていたのです。

憶えているでしょうか。小泉政権時代に外相に就いた田中真紀子氏に「私が前に行こうとするとうしろでスカートを踏む人がいる」とまで言わしめたのが官僚です。そして官僚は「真紀子氏と差し違える」とまで対決姿勢を鮮明していたのです。

政治家は大臣に就任すると官僚からレクチャーを受けるのが最初の仕事です。レクチャーと言いますと聞こえはいいですが、要は家庭教師ばりに教えを乞うのです。これで政治家が政治を動かせるはずがありません。

つい最近では沖縄・北方担当相に就任した江崎鉄磨氏が就任会見後の囲みインタビューで「官僚の指示通りにやればいいんでしょ」とつい本音を発露して顰蹙を買っていました。江崎氏は高齢のベテラン議員ですのでついつい昔の感覚のままマスコミに対応してしまったのでしょう。

森友学園問題は状況がこじれて複雑な構図になってしまいました。決裁文書が改ざんされたのは間違いありませんが、その理由もしくは背景が込み入ってしまいました。僕の想像では、当初は官僚が安倍首相および官邸を忖度して行動しており、それに官邸側も応えていたように思います。それが佐川氏が国会で「決裁所は残っていない」などと鼻でくくった答弁をしていたことと、その対応に対して佐川氏を国税庁長官に栄転させたという一連の流れです。

しかし、朝日が「決裁文書は残っている」とスクープしてから流れがガラリと変わります。官邸は責任を財務省および佐川氏個人に押しつける方向に舵を切ったようです。すると今度は財務省の官僚側も官邸に反旗を翻しているようにも見えます。

さて、安倍首相の神通力やいかに。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:02 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

<パックス・ジミントーナ>

政治や世の中にあまり関心がなかった若い頃。つまり学生時代の頃ですが、国際関係の授業を受けているときに強い印象を持った言葉があります。それは「パワー・オブ・バランス」と「パックス・ホニャラララ」という言葉です。なぜか、この言葉が頭の隅にひっかかりました。

簡単に説明しますと前者は「世界は力の均衡によって平和が保たれている」ことで後者は「強大な力を持つ一国によって世界の平和が保たれている状況」です。例えば「パックス・ロマーナ」とか「パックス・ブリタニカ」とか最近は「パックス・アメリカーナ」です。

「パワー・オブ・バランス」が言われていた当時は冷戦時代の真っただ中でしたので確かに当時の世界情勢を表していました。しかし、ソ連が消滅したことで世界は「パックス・アメリカーナ」に入っていきました。これまでにも幾度か書いていますが、米国のブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長によって冷戦の終結が宣言されたとき、僕は興奮したのを覚えています。

「これで世界は平和になる」

しかし、人間の世界というのはそれほど単純ではなく冷戦が終わったことでそれまで抑えつけられていた民族感情が噴出して各地で紛争が勃発しました。それでも当時はまだ米国も世界の警察官を標ぼうしていましたので「パックス・アメリカーナ」が機能しなくとも「目指す気持ち」は持っていたように思います。

これも幾度も書いていますが、「戦争広告代理店」という本が書いている内容も突き詰めるなら米国に同情してもらうことが目的です。そして、それは取りも直さず「パックス・アメリカーナ」の状態であることの証明です。

しかし、その米国が世界の警察官から手を引いたばかりか自国の利益ばかりを追い求めるようになっています。トランプ政権では経済においても国際関係においても協調派といわれる人たちがどんどん政権を立ち去ったり解任されたりしています。米国はいったいどこに向かおうとしているのでしょう。とても不安です。

冷戦の終結宣言をしたのは米国のブッシュ大統領とソ連のゴルバチョフ書記長ですが、ブッシュ大統領の前のレーガン氏のときから話し合いははじまっていました。ブッシュ大統領はその路線を引き継いだことになります。実はレーガン氏は大統領に就任以来、ソ連を「悪の帝国」と呼んだり経済においては保護主義的な政策をとっていました。日米経済摩擦が起きたのもこの頃です。米国人が日本車の屋根に上りハンマーで上から叩いている映像が日本でも放映されていました。それほど超保守的な政権した。

このときはソ連が経済に行き詰まっていたこともありましたが、改革派のゴルバチョフ氏がトップに就いていましのたで武力戦争になることもなく冷戦を終結することができました。しかし、今のロシアの大統領は独裁者とも評されているプーチン氏です。

これまでもプーチン氏の評判は西側先進国では芳しくありませんでしたが、先週は英国の首相が露政権が「ロシアからの亡命者の殺人に関与している」として強く非難しました。独仏米も同調していますので対立は激しくなりそうです。

警察のいない世界を平和な社会にするのは簡単ではありません。世界が戦争に向かっているようで心配です。


翻って国内に目を転じますと安倍政権になってから日本はまさに「パックス・自民党」でした。「一強多弱」と言われていた政界ですが、ここにきて綻びが出始めているようです。僕は選挙のときは浮動票に属する人間ですが、安倍首相は少し「やりたい放題過ぎる」ように思います。

ですが安倍政権以前の混沌としていた日本政界を安定させたことは大きく評価してよいと思っています。なにしろ安倍政権が誕生するまで毎年のように首相がコロコロかわるのですから政治が前に進むはずがありません。そうした状況を落ち着かせた功績は大きなものがあります。

それを認めたうえで現在の安倍政権の批判をしますと、国民を舐めている感じがしてなりません。安倍政権の運営手法は経済を前面に打ち出しながら本来自分がやりたいことを推し進めていくやり方です。しかも残念ながらこの手法に国民がはまってしまっているように映ります。森友学園や家計学園問題であれだけ怪しい手続きがありながら選挙では圧勝しています。昔なら惨敗していてもおかしくない「怪しい手続き」でしたが、そのような向かい風の中でも圧勝できるのですから安倍首相が驕るのも致し方のないところです。

安倍政権が一強状態でいられるのは野党にも責任があります。前回の衆院選も小池都知事の「排除」の一言さえなかったなら流れは野党に向かっていた可能性があります。野党が共闘しなければ与党に勝てるはずはありません。野党は自らの立場を認めることが必要です。

それから忘れてならないのが自民党内の事情です。安倍さんに対抗する勢力が出てこないことが安倍首相に驕りを生んでいます。かつては派閥があり派閥同士でけん制しあっていましたので「行き過ぎ」を是正することができました。しかし、今の派閥にはかつてほどの力がありません。ですから、安倍一強政治が続くかと思われていました。

それがここにきて劣勢に陥ってきています。僕的にはようやっと真ん中に戻る風が吹いてきたように感じています。僕が一番気になっていたのは自民党の総裁任期を延長する動きがあったことです。権力は長期に渡ると腐敗します。「権腐十年」という言葉がありますが、安倍首相に誰も進言しなかったこと自体がすでに腐り始めている証拠です。


世の中は本当に難しいものです。冷戦を終わらせ平和な世界になるかと思いきや、冷戦が終わったがゆえに民族紛争が起こり、またロシアが西側の敵対国になろうとしています。米国も世界平和よりも自国の利益ばかりを追う国家に成り下がってしまいました。

日本の政界においても、かつては官僚政治と言われていた状態を政治家の手に取り戻すべくいろいろな改革を行ってきました。安倍政権になってからの内閣人事局の設置はその最たる例でした。それまでは官僚の人事は各省庁が決めていたのですが、その人事権を手に入れたのです。このことにより官邸政治には成功しましたが、今度は政治家の行き過ぎの歯止めを失うことになりました。

本当に世の中は難しいものです。もしかしたなら、世の中というのは安定というのが正しいあり方ではなく、常に不安定な状態でバランスをとっている状態が正しいありかたかもしれません。安定しているほうが楽ですが、神さまは人間に「常に悩み考えろ!」と言っているようです。

ちなみに、我が家は「パックス・ニョウボーナ」です。

じゃ、また。


スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:34 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

<あれから7年>

数日前からいろいろなマスコミで特集を組んでいますが、今日は7年前に東日本大震災が起きた日です。この日のことはちょうど僕にとっても節目になる出来事があった日ですので特別な思いがあります。

毎年書いていますが、まず3月11日は僕たち夫婦の結婚記念日です。そして、7年前のその日は僕がお店を閉めた日でもあります。

コロッケ店を開業して途中移転はありましたが、5年が過ぎていました。それ以前に遡ること12年前、ラーメン店を閉店しましたので閉店を経験するのは2度目でした。負け惜しみと思われるのは癪ですが、コロッケ店は最初から5年くらいで閉めるつもりでいました。コロッケ店を開業した目的は自分自身の中にある「商売のあり方」を試したかったからです。詳細は省きますが、結論としては僕の挑戦は失敗に終わりました。やはり世の中は現実が優先します。

それはともかく、その日に閉店することは数日前から告知をしていましたので午前中にも幾人かの常連客の方が挨拶がてらに買いにきてくれていました。そして、午後の休憩に入っているときに震災が起きたのです。店の奥で妻と二人で昼食を食べていたのですが、あのときの強烈な揺れは今も記憶に刻まれています。おそらく東京にいたほとんどの人が同じ感想を持っているはずです。

しかし、地震が収まったあとは平常通りにお店を開けていましたのであれほどの大きな被害が起きていることを知りませんでした。ですから、お店の前を通常の100倍くらいの人が歩いているのを不思議に思っていました。ただ「なんかやけに人が歩いている」と感じただけでした。

僕のお店の挑戦とは人通りがないところでもお店の雰囲気と接客力だけでお店を運営することでした。ですから僕のお店の前は通常はほとんど人が通らないのです。僕のお店に来ることを目的にする人以外は本当に人が通らない道でした。その道をひっきりなしに人が歩いているのです。

そこでたまたま買いに立ち寄ってくれた、普段なら買いになどきそうにもない40才くらいのサラリーマンふうの人に尋ねました。
「なんかいつもと店の前の雰囲気が違って人が多いんですけど、なにか理由があるんですかね?」
すると、震災で交通機関が麻痺していることを教えてくれました。なんとその方は都心近くの職場から歩いて来た方でした。20キロ以上の距離を歩いてきたことになります。さらにその方はまだまだ自宅までは遠いそうで帰りの方角を尋ねてきました。

7年前の今日、震源地以外のところで生活をしていた人たちはほとんどの人が僕と同じような経験をしたはずです。そして、家に帰ってニュースを見ますと現地の被害は想像以上に甚大でした。津波に家屋が飲み込まれる映像は人間の無力さを思い知らされましたし、人間の英知によって開発された原子力発電所も事故に際してはなにもできないことを伝えていました。東京電力本社の幹部と現場の所長との緊迫したやり取りは一生忘れることはありません。

それほど大きな災害でしたが、日ごろから常に思いだしているわけではありません。被害に遭った方々は常に震災と隣り合わせで暮らしていますが、被災地から遠く離れた僕が思い出すのはマスコミが特集を組むときだけです。申し訳ない気持ちがありますが、それが一般の人の正直な姿です。その意味で言いますと、マスコミが特集を組むことは大きな意義があるように思います。


このように人間は自分が直接携わっていないことは忘れてしまうものですが、森友&家計学園問題がここにきて注目を集めています。実は、僕は森友&家計学園問題は衆議院選挙での自民党の大勝によりうやむやになると思っていました。しかし、弱体化した野党にもかかわらず粘っていたのが印象に残っています。そうした中で今回、新たな展開が起きました。

今回の展開に大きく貢献したのは朝日新聞のスクープです。朝日新聞が「学校法人森友学園への国有地格安売却問題をめぐり、財務省が学園との契約に関する決裁文書を書き換えた疑いがある」と報じたのですが、これこそ本当の意味でのスクープです。

この報道が出た当初は「誤報!」だとか「別の文書と勘違い」などと反論する意見もありましたが、9日になって財務省が認めました。さらに財務省から国税庁長官に栄転していた佐川宣寿氏が辞任をするに至っては財務省は自らの非を100%認めたことになります。今後野党が勢いづくのは間違いのないところです。

今回のスクープ報道を見て僕が真っ先に思ったのは「どうして書き換えが朝日新聞に漏れたのか」です。普通に考えるなら財務省内にスパイがいたことになりますが、やはり自殺をした職員がいたことがきっかけになっているように思います。たぶんこの職員の方は真面目てコツコツやるタイプだったのではないでしょうか。それにしてもかわいそうでなりません。

官僚の世界にかかわらず企業など組織で働いている人にとって人間関係は重要です。人間関係がうまくいくかどうかで仕事が楽しくなったり辛くなったりします。しかし、悪人と人間関係を築く必要はありません。残念ながら自分の周りにいる先輩や上司が必ず善人であるとは限らないのが実際の人間社会です。

もし運悪く悪人が周りに現れたなら環境を変える道を選ぶのも一つの方法です。組織で働いていますと、その世界が絶対という考えになることがありますが、もっと視野を広げることが必要です。しかし、誰でも現状を変えるのは簡単ではありません。勇気が必要です。それでも自分が正しいと思う方を選択するべきです。そして、そのことによって左遷や低い評価を受けても甘んじればよいのです。最悪の場合は転職も考慮に入れるべきです。

今回自殺をした職員の方は森友学園と折衝をしていた担当者の方のようです。常識的に考えるなら「決裁文書の書き換え」が無関係とは思えませんが、仕事の一環としての行為で自殺をするのではあまりに悲しいものがあります。もし、自分の意志ではなく上司や幹部の要請での「書き換え」であるならこれ以上痛ましい事件はありません。

仮に、法を犯さざるを得ないことがあっても自分の意志で行うなら納得または我慢できますが、ほかの人の要請または強制であったならこれほど後悔することはありません。自分の人生は自分で決めるのが正しい考え方です。

自然災害は自分の意志ではどうにもできないことです。それに対して仕事や職場の選択は自分の意志でできることです。せっかく生まれてきたのですが、自分の意志で選べる場面では自分の意志を尊重しましょう。

最後に…。会社で偉そうにしている上司や幹部も会社を離れたら「ただのおじさん、またはおじいさん」に過ぎないですから。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:20 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

<戦争の大問題について>

今週のコラムは丹羽宇一郎さんの「戦争の大問題」という本がきっかけになっています。もちろん安倍首相が改憲を目指していることも関係していますが、改憲か護憲かはともかく僕は若い人が改憲の是非について真剣に深く考えることを願っています。

改憲と護憲のどちらが正しいかは実際問題としてわかりません。おそらく誰にも正解をだすことはできないでしょう。なにしろ大学の教授や知識人や文化人や評論家といった専門家の人たちでさえ主張が異なっているのですから一般の人たちが正しい答えなど出せるはずがありません。

現在、シリアでは戦争が続いていますが、ニュース映像を見ていますと「穏やかで平和な暮らし」とは程遠い光景が映し出されていました。先日の映像では、10才くらいの子供が亡くなった子供を抱えてシリアの悲惨な状況を必死に伝えていました。国際社会に戦争を終わらせる努力を訴えるための映像でした。

ですが、正直に告白しますと僕はこの映像に共感することができませんでした。小さな子どもが爆撃された建物が立ち並び砂埃が舞い上がっている場所で援助または救助を訴えている映像です。この映像を見た時、僕は真っ先に「戦争広告代理店」という本が思い浮かびました。

この本については幾度かこのコラムで取り上げていますが、民族紛争で対立して民族の一方が国際社会から支持を得るために広告代理店と契約をした経緯を書いたドキュメント本です。

現在、世界の各地で起きている戦争や紛争において「善と悪」を決めつけるのは容易ではありません。ときには本当に悪い奴がいてその悪い奴が善良な人々を殺戮しているケースもあるかもしれません。ですが、多くの場合は「善と悪」は入り混じっています。ボブ・ディランさんが「正義の反対は別の正義」といった言葉がそのまま当てはまるのが世の中です。

このような状況で国際社会を味方につけるためにはイメージ戦略がとても重要になってきます。先の広告代理店と契約した民族はイメージ戦略が功を奏して国際社から支持(同情?)を得ることに成功しました。

僕が先のニュースで映し出された「小さな子供に亡くなった子供を抱えさせ訴えさせている映像」に共感を覚えなかったのはこの点にあります。わざわざ子供を登場させカメラの前で訴えさせているやり方に戦略を感じたからです。この映像には間違いなく大人の思惑がうしろでうごめいています。僕がこの一見するとかわいそうな子供の映像を素直に受け取れなかったのはこの「思惑」のためです。

いつの時代もそうですが、多くの人の支持を集めるにはイメージ戦略がとても大切です。もっと具体的に言うなら広告とか宣伝、今の時代ですとマーケッティングです。この成否が「支持の多寡」を決めます。

ブランドの価値もそうですし、ラーメン店の行列もイメージ戦略によって決まります。乃木坂46も欅坂46も、古いところではおニャン子クラブもモー娘もそうでした。政治の世界ではナチスが国民から人気を博したのもゲッペルス宣伝相の力が大きく貢献していると言われています。世の中で支持を集めるにはイメージ戦略が重要な要因となっています。

このような世の中において実状を知らない人間が正しい判断をするには広告や宣伝やマーケッティングに影響を受けないことが大切です。装飾されたニュースや報道ではなく真実、真相を見抜くことが大切です。

そこで「戦争の大問題」です。普通の善良な人で戦争を好む人はいないはずです。中には善良でない人もいる可能性は否定しませんが、そのような人は全体からしますと僅かです。つまり世の中のほとんどの人は戦争を好んでいません。ですから、現在の日本の平和憲法を支持しているはずです。日本は憲法において戦争放棄を明記しています。安倍首相はこれを変えようとしています。

このように書きますと僕が安倍首相の主張を批判しているように思うかもしれませんが、そうでもありません。やはり安倍首相が主張する「国家を守る自衛隊員が誇りを持って任務にあたるには自衛隊を憲法に明記すること」には一理あると思っています。命をかけて守ってくれていることを思うならやはり自衛隊員の気持ちも考える必要があると思うからです。

現実問題として他国が攻めてきたときに自衛の戦いはしなければいけません。護憲派の方々はこのあたりの論争を避ける傾向がありますが、戦ってくれる人が憲法できちんと認められていないのはどう考えても理不尽です。繰り返しますが、戦う人は命を懸けて任務を遂行してくれているのです。

黒沢明監督の「七人の侍」で侍を雇った側である村人も戦う覚悟を求められる場面があります。村を盗賊から守るには戦う人を雇うだけではだめで当事者も覚悟を持つ必要があります。

年末の討論番組でウーマンラッシュアワーの村本さんが「中国が攻めてきた場合、尖閣諸島は『明け渡す』」と発言して大バッシングを受けましたが、日本の領土は自分たちで守らなければ悲惨な社会になってしまいます。少し思い出すだけでわかりますが、昔欧米諸国が植民地支配をしていたときの支配された国の悲惨さは凄まじいものがありました。他国から攻められたときには戦う必要があります。しかし、「戦う」という状況は戦争です。

このように考えますと、戦争放棄を謳った平和憲法は改憲する必要がありそうですが、戦争をするということは先に紹介しました「小さな子供が亡くなった子供を抱えている」状況になることです。穏やかで平和な世の中とは正反対の状況です。しかし、だからと言って戦争をしないでいますと、植民地となり悲惨な社会になります。

やはりいざとなったら戦争をするしか術はないことになりますが、実は戦争状態になった時点で市井で暮らす人々の生活は悲惨な状況になっているのです。自衛のための戦争であろうともです。「戦争も仕方がない」と容認する人たちはそのことに思いが至っていません。

戦争状態なった社会というのは個人の自由が制限された社会です。国家の勝利が優先されますので個人は我慢をしなければいけないのです。そのような社会は健全ではありません。おそらく地位が高い者だけが得をする社会になります。例えば地域の班長さんなどが決められその指示が絶対となるでしょう。また役所の指示が絶対となり個人の自由などどこかに吹っ飛んでしまうはずです。

また、自衛隊という組織では上官の命令が絶対です。自衛隊とは軍隊です。それを忘れてはいけません。上官に逆らう人間は無能とみなされ排除されます。排除どころか懲罰を受けることもあります。さらに進むなら徴兵制もはじまるかもしれません。なにしろ国家を守ることが最も優先されるのですから個人の自由など有無を言わせずに制限されて当然です。

これが戦争です。

さて、僕が言いたいことがおわかりでしょうか。他国からの侵略を防げなくても悲惨な世の中になりますが、それ以前の侵略を防ぐための戦争状況になっても十分に悲惨な世の中になっているということです。

攻められたときに戦うのは勇ましく見え一見正しいように思いますが、その時点ですでに普通の善良な人々の穏やかで平和な生活は崩壊しているのです。

人間は自らが経験をしていないことを実感することができません。なぜなら「経験していない」からです。赤ちゃんに「ヤカンが熱いから触ったらダメ」と話したところで「熱い」のがどういうことかわかりませんので理解することができません。それと同じです。

戦争における悲惨な状況についても同じことが言えます。また軍隊という特殊な組織についても同様です。悲惨な状況の本当の実態を想像することは容易ではありません。若い方々はそのことを十分にわきまえたうえで考えてほしいと思っています。

今週はちょっと堅かった…。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:57 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする