2017年12月24日

<Ctrl+Z>

理由はわからないのですが、生まれて初めて「年末感を感じない師走」を過ごしています。これまでは12月を迎える頃には必ず「あ〜、今年も終わりの師走かぁ。早いなぁ〜」という気分になっていたのですが、今年は全くそのような感じがしていません。なんかいつの間にかズルズルといった感じでクリスマスの季節になってしまいました。

来週は大みそかですので今回が最後の「じゃ、また」になります。不思議なものでこのように書きますと「今年も一年が終わるんだなぁ」という気分にようやくなった気がしてきました。今年もなんとか無事に終えることができそうでホッとしています。

この年齢になりますとやはり健康が一番の不安の種ですが、僕は数年前に心臓の手術をしていますのでその不安が常につきまとっています。今でも定期的に通院しているのですが、薬はずっと服用し続けています。心臓のほかに喘息の持病もありますのでその薬も毎日続けています。

それにしても若い頃に、というか55才まで自分が病気になって病院通いをするなんて想像もしていませんでした。なにしろ健康で丈夫な身体だけが取り柄と思っていましたのでこんなに身体が弱くなったことに自分が一番驚いています。気持ちはまだ若いのですが、身体がついていかない状態です。人間って身体も大切なんだなぁって今頃になって気づいている次第です。

僕は変わり者ですのでなにかが壊れますと、最初に考えるのは「自分で直せるのではないか」ということです。自分の身体が壊れそうなときもそうでしたが、最後は専門家のところにいきましたが、最初は自力で直そうとしました。基本的に僕は文系の人間ですので込み入った理系や機械系のものには疎いのですが、それでも文系なりに「直せるのではないか」と思ってしまうところがあります。

これまでで「我ながら、すごいな」と思ったのは車のパワーウィンドウを自分で直したことです。僕の修理の基本は正常なものと比べて故障している箇所を突き止めることです。正常なものと違っているということはそこが故障の原因であるはずです。あとはそこを直せば修理は完成することになります。パワーウィンドウも作動しなくなったのが右側のドアでしたので左側のパワーウィンドウと比較しながら修理しました。動いたときのうれしさは今でも覚えています。

今年で印象に残っている修理はパソコンでした。これはコラムでも書きましたが、電源を入れても「ウンともスンとも」いわなくなったのです。さすがにこのときは困りました。パソコンの場合は正常なものと比べることができないからです。そこで、ネットで調べまくりました。最近はネットでの情報の正確性が問題になることが多いですが、ネットで情報を集めるときは「正確性を想像すること」と「新鮮度を確認すること」が重要です。

ただでさえネットの情報は玉石混交ですが、最近はそれに輪をかけて「石」が絶妙に入り込んでいます。ですから、それを見抜く見識が必要ですが、勘も重要になってきます。パソコンが動かなくなった症状を調べたとき、結局「これだ!」という対処法を見つけるまでに十数時間かかっています。原因を解説しているサイトに出会っても内容がわかりにくかったり、対処法が納得できなかったり、情報が古かったりしていたからです。ですから、「これだ!」と思う情報に出会ったときは感激ものでした。

つい最近ではデジカメを修理しました。これもネットで調べたのですが、古いデジカメでしたので逆に情報が少なく対処法を見つけるのに時間がかかりませんでした。デジカメの修理で知りたかった第一は分解の方法だったのですが、Youtubeで動画がありましたのでわかりやすく助かりました。やはり文章よりはビジュアルのほうが理解しやすいというメリットがあります。今の時代は本当に便利な世の中です。

このように製品を修理するのは時間がかかるとはしても危険な目に遭うことはありません。とりあえず挑戦してみてダメだったら買い替えたりあきらめたりすればよいだけだからです。しかし、自分の身体もしくは健康となりますと話は違ってきます。

今月に入ってから鼻詰まりが起きており、なんとか自力で直そうと奮闘していました。以前に書いたことがありますが、僕は鼻にポリープができやすい体質です。ですので今回もポリープのせいだと思うのですが、自力でいろいろと試みてみましたが、なかなか鼻詰まりが解消されないでいました。

僕は「まとめnaver」で「鼻づまり解消法」を作成していますが、鼻づまり状態になったときに多くの人が勘違いをするのは鼻水で鼻が詰まっていると考えることです。僕も最初はそのように思ってしまい、「鼻水を吸う」機械を1万5千円も費やして買ってしまいました。しかし、鼻詰まりの原因は鼻水ではなく鼻の粘膜が腫れて鼻の穴がふさがっていることです。穴がふさがっているのですから鼻を噛んでも鼻水が出てこられないのです。正しい原因を見つけることは治療の基本です。

当初は市販薬で対処していましたが、最終的にはいつも通院している耳鼻科に行くことにしました。やはり市販薬と処方箋では効果が全く違います。さすがはお医者さんということになりますが、処方箋を飲んでから鼻呼吸が楽になり気持ちよく年末を迎えることができています。因みに、「鼻水を吸う」機械はあれ以来一度も使っていません。なんともったいない無駄な出費だったことか、、、。

昨日、直したのはパソコンのシャットダウンです。数日前からシャットダウンをしますと「一つのアプリがシャットダウンを妨げています」と表示され、毎回強制シャットダウンをしなければ終了できない状態になっていました。ネットで原因を探したところスタートアップに妨げの原因があることがわかり、そこを修正して元に戻すことができました。

どんなこともなにかしら問題が起きた時はできるだけ早く元に戻すことが大切です。遅くなればなるほど対処法が複雑になる可能性があるからです。トランプ大統領はエルサレムをイスラエルの首都と宣言してしまい世界を混乱に陥れています。米国は早く政府を世界を平和に導く元の姿に戻さないと取り返しのつかない事態に突入しそうで心配です。

昔は日本が「民度が低い」などと批判されることがありましたが、米国の大統領を見ていますと米国の民度も日本とさほど変わらないように思います。来年は米国が元に戻ることを願って今年を終えたいと思います。

ところで、今週の題名の「Ctrl+Z」の意味がわかったでしょうか。「元に戻す」のショートカットでした。

じゃ、また。
来年もよろチクビ〜! 気持ちは若いんだけど、、、。

今年一年ありがとうございました。


スポンサーリンク


兄弟ブログ 僕が出会った「あんな人・こんな人・変な人」
サイトのトップページ 脱サラをする前に
posted by satoaki at 14:57 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする