2018年05月27日

<フェアプレー>

先週は日大アメフト選手の悪質タックル問題で新たな展開がありました。ほとんどの放送局で大きく取り上げていましたが、僕もいろいろな思いがありましたので書きたいと思います。

その前にボクシングの井上尚弥選手のタイトルマッチについて書かせてください。とにかく強かった。実は、僕は試合をリアルタイムで見ていませんでした。試合があることを知らなかったからですが、あとから見た映像は井上選手の強さを証明していました。

元々はフライ級の選手ですので体格的には不利でしたが、その不利を感じさせない戦いぶりでした。これで井上選手はバンタム級もチャンピオンになりましたので3階級を制覇したことになります。試合後、今秋に行われるボクシングのチャンピオン同士が戦うトーナメント大会に参戦することを表明しましたが、世界が「モンスター」と認めていますので今から秋の大会が楽しみです。

井上選手の強さを物語るエピソードとして、高校生のときに日本ランカーになっていた田口良一選手とスパーリングをしたときの逸話があります。普通に考えますと、プロのランカー選手とアマチュアである高校生がスパーリングをしますと高校生は歯が立たないものです。しかし、そのスパーリングで田口選手は高校生である井上選手にダウンを奪われたのです。常識では考えられない光景です。田口選手は悔しくてその夜に泣いたそうです。それほど井上選手はずば抜けて強かったのです。

僕はたまたまその映像を見たことがあるのですが、井上選手のパンチを受けてダウンをした田口選手の姿に驚かされました。周りで見ていた人たちがどよめいたいたのがわかりましたが、田口選手はこのあと日本チャンピオンになり世界チャンピオンにまでなるほどの選手です。その選手からダウンを奪ったのですからその強さがわかろうというものです。ちなみに、その後二人は日本チャンピオンと挑戦者という立場で対戦していますが、判定で井上選手が勝利しています。

その井上選手の素晴らしさは強さだけではなく性格や人柄にもあります。以前マスコミ受けすることばかりを狙っていたボクシング選手がいましたが、対照的にパフォーマンスをすることなく礼儀正しく自然に振舞っている姿勢は好感です。やはりプロといえどもスポーツにはフェアプレー精神が求められて当然です。

そのフェアプレー精神とはかけ離れたプレーが問題となったのが日大アメフト選手の悪質タックルです。先週は当該選手が記者会見を開いていましたが、あの率直な話し方や受け答えをする姿勢に好感した人は多かったのではないでしょうか。

若干二十歳の学生が多くの記者が周りを囲んでいる会見場で発言するのは勇気と覚悟と度胸が必要です。もちろん小心者の僕にはできませんが、大人の中でもどれだけの人ができるでしょう。それを思うとき当該選手の行動は賞賛されるべきことです。

当該選手が記者会見を行った翌日に日大の監督とコーチも記者会見を行いましたが、「自分たちの立場を悪くしないため」という印象はぬぐえませんでした。多くの人が指摘していますが、「選手のため」とか「責任はすべて監督の自分にある」などと言いながら「選手が間違って理解した」と選手に責任を押しつけているのはあまりにみっともない姿でした。

結局、当該選手と監督・コーチの説明には齟齬があり、どちらに真実があるのか判断に迷うところです。ですが、その後に会見を開いた被害者側である関学のGMマネージャー・監督は「当該選手のほうに真実がある印象を持っている」と話していました。

関学の会見に追い打ちをかけるように、日大の内田監督がマスコミのインタビューに「俺がやらせた」と答えている生々しい音声を週刊誌が公開しています。これだけいろいろな証拠が出てきますと、日大の監督・コーチの言い訳は通用しなくなるように思います。

さらにこの問題はアメフトだけではなく日本大学のガバナンスの問題にまで広がっていきそうな気配です。かつて日大で教授を務めていた女性が過去に相談を受けたパワハラについてもマスコミで告発していました。「#Me too」が世界的に席捲している現在の状況ではなにかのきっかけで問題が広がる可能性もあります。

また、日大の理事長がパチンコをやっている映像が流れていましたが、こうしたマスコミの動きはこれから「日大を追求する」という狼煙を上げたようにも感じました。理事長のかつてのスキャンダルなども伝えられていますのでアメフトから日本大学の本体にまで問題が広がりそうは気配です。


今回の監督・コーチの記者会見には多くのマスコミが集まり質問がなされました。マスコミは監督・コーチがどのように答えるかに注目していたのですが、現場では日大広報部の司会者を務めた方にも注目が集まることとなりました。理由は、その尊大な話しぶりや会見の仕切り方に問題があったからです。

僕はこの会見をリアルタイムで最後まで見ていたのですが、謝罪会見の司会者として不適切な言動に違和感を持ちました。この司会者に関してテレビ各局に登場するリスクマネジメントの専門家たちが一様に「下手さ加減」を批判していましたが、誰が見ていても尊大と感じる仕切りぶりでした。この方は元々は共同通信社の記者をやっていた方のようでマスコミの内側にも精通しているそうです。その経験がマスコミに対してぞんざいに対応させていたようです。

この方の発言で僕が印象に残っているのは「同じような質問ばかりですので」という言葉です。会見を終了させたいがための発言のようにも受け取れますが、僕には的を射た発言のようにも思えました。実は、記者会見を見ていて僕が感じたことは記者の方々の質問の仕方が下手なことでした。

記者の個人的な資質もあるでしょうが、根本的な問題としてマスコミ各社がバラバラに質問しますることが記者会見を実りの少ないものにしているように感じました。僕も司会者と同様に同じような質問ばかりで「全然進展しない」と感じていました。時間ばかりが過ぎてしまい、意味のない記者会見の印象になっていました。

記者会見におけるこうした問題は今回に限ったことではありません。そして、その理由はマスコミ側にあると僕は思っています。僕はニュース番組を見ることが多いですが、番組を見ていて最近感じることがあります。それは会見のようすを放映する場面でですが、わざわざ番組の出演者が質問している映像を流すことです。まるで「こうしてちゃんと質問していますよ!」と訴えているようです。

このようなことを各番組の出演者がしますので自ずと同じような質問ばかりをすることになってしまいます。番組的には出演者をアピールする効果があるのでしょうが、取材を受ける側にしてみますと同じ質問ばかりが続くことになります。日大の監督・コーチへの質問はそのような場面が多々ありました。質問する前にマスコミ名と氏名を名乗ってから質問していましたので余計に非効率な取材現場となっているように感じました。

マスコミの皆さんもおそらく僕が感じていることと同じことを感じているはずです。ここはひとつ自らを反省するという意味で記者会見の質問のやり方をマスコミが揃って工夫することを考えてほしいと思っています。取材する立場であるマスコミにもフェアプレー精神が求められるはずです。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 15:20 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

<持ち時間>

ちょうど今サンデーモーニングを見終わったところですが、この番組では最後に出演者が約1分間くらいずつ自分の考えを話すのが恒例になっています。今週は先日亡くなられましたジャーナリストの岸井 成格さんについて出演者それぞれが思いでを語っていました。岸井さんはこの番組のレギュラーであり、番組の最後のコーナーをまとめる役割もしていたからです。

このコーナーは一人の持ち時間が決まっているはずですが、中には持ち時間を越えて話す人がいて、そうなりますと最後の方が話す時間が短くなることもあります。今週の最後は岸井さんの後輩である与良 正男さんが務めていました。与良さんは直接の後輩ですのでいろいろな思い出やほかの人よりも強く濃密な思い入れがあったはずです。だからこそ、与良さんにはほかの出演者よりも長めに時間を持ってほしいと思っていました。

しかし、与良さんの前の出演者である佐高さんが長めに話してしまいましたので与良さんの時間がいつもより短くなったようでとても残念です。佐高さんも岸井さんと親交がありましたので話したいことがたくさんあったことは理解できますが、直接の後輩である与良さんに持ち時間を譲るのが礼儀だったように思います。与良さんのお話が途中で終わってしまい気の毒に思えました。自分の持ち時間というのは全体を俯瞰して調節するのも大事なことだと実感した光景でした。

岸井さんがお亡くなりになった年齢は73才でしたが、奇しくも筑紫哲也さんがお亡くなりになったのも73才でした。筑紫さんは僕が一番好きなジャーナリストでした。筑紫さんの主張にすべて賛成ではありませんでしたが、取材または報道する姿勢に関しては100%好感していました。その筑紫さんと同じ年齢で岸井さんがお亡くなりになったのですが、偶然の一致とはいえ感慨深いものを感じます。


歌手の西城秀樹さんもお亡くなりになりました。63才という年齢はあまりに若く僕は同年代ですので特別な思いがあります。しかも妻は若い頃に大ファンでしたのでショックは僕以上でしょう。人生の持ち時間は特別なことをしない限り自分では決められません。日本における男性の平均寿命は80才くらいですので、西城さんの人生の持ち時間は平均よりも短かったことになります。おそらく思い残すことがたくさんあったのではないでしょうか。

それにしても2度の脳梗塞から復活した努力には頭が下がります。西城さんのインタビューを読んだことがありますが、後遺障害が残りリハビリをするときの恥ずかしさについて正直にお話していました。有名人でしたのでやはり人に見られることが多く、「自分が見世物になっている」ように感じてふさぎ込んだこともあったそうです。そうした精神的な苦しさ辛さを乗り越えてリハビリの様子をマスコミに公開する姿勢に感動せずにはいられません。誰でもができることではないはずです。真からのスーパースターだったと思います。

アイドル絶頂期を過ぎたあとの四十半ばくらいの頃でしょうか。西城さんが野口さんと対談している番組を見たことがあります。日ごろからの仲のよさが伝わってくる内容でした。絶頂期の頃は忙しすぎて一緒に遊ぶ時間もなかったはずですが、当時の分を取り戻しているかのように一緒に過ごす時間を持っているようでした。おそらく西城さんにとってその頃が一番楽しい人生の時間だったのではないでしょうか。西城さんの人生の持ち時間が少なすぎたのが残念でなりません。


悲しいニュースが続きましたが、スポーツの世界でも悲しい出来事が起きました。日大アメフト選手の悪質タックルです。ニュースなどでなんども放映されていますので見た方も多いでしょう。誰が見ても「悪質タックル」です。SNSではいっせいに批判のコメントが投稿され、YouTubeでは当該選手のプロフィールなども報じられていました。

注目を集めたのは関西大学が記者会見をしたことがきっかけですが、日大の監督は批判が大きくなることを考えなかったのでしょうか。騒動が大きくなる前のインタビューでは悪質タックルを擁護するような発言をしていたことから察しますと、批判非難に相当するプレーとは考えていなかったようです。

このような監督の下でプレーする選手はかわいそうです。報道によりますと「試合に出たければ相手を潰してこい!」と暗に悪質プレーを促すような発言をしていたようです。しかも出場機会の激減した選手に話したのですから、その効果はてきめんのはずです。考えようによっては「弱みにつけこんで悪事を働かせている」ようにも思えます。

騒動以来、監督は雲隠れしておりマスコミの前に出てきませんでしたが、ようやっとマスコミの表れて「監督を辞任する」旨をコメントしていました。しかし、関係者が納得できる対応では決してありませんのでまだまだ騒動は続きそうです。

映像をシンプルに見ますとあのタックルは犯罪です。無防備の相手に対して背中から攻撃しているのですから一つ間違えると生命の危険に発展する可能性もあります。監督の言動にも問題がありますが、監督の言われるままに疑問を感じず実行する選手にも猛省してほしいと思っています。

せめてもの救いは「監督の指示」を証言する現役選手や退部する選手が多くいたことです。善悪の判断は上の人から指示されるのではなく自らがするものです。その気持ちを持っている選手が多くいたことが幸いです。

どんなスポーツであれ「フェアプレーの精神」は共通です。あのタックルはフェアプレー精神とはかけ離れたプレーです。アンフェアーのなにものでもありません。当該選手はそのことを全く感じなかったのでしょうか。それが残念であり悲しい気持ちにさせます。

「試合に出たい」という気持ちが善悪の判断を狂わせたのかもしれません。人生において自分の持ち時間を決めることはやってはいけませんが、スポーツという世界では自分の持ち時間は自分で決める権利を持っています。究極的に言うなら退部をすることも選択肢の一つに入れるべきでした。そのほうが人生という長いスパンで考えるなら自らの持ち時間を有効に使うことができるはずです。


そういえば、自らが善悪を判断することなく上司に指示されるままに言動する光景はどこかで見たことがあります。残念!

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 13:03 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

<人類 ファースト>

最近はどこのお店に行って必ず身体障害者用駐車場が設置されていますが、たまにその駐車場の要件を満たしていそうにない人が停めているのを見ることがあります。先日ホームセンターに行った帰りに、エレベーターで一緒になった5歳くらいの子供とてをつないだ若いお父さんが身体障害者用駐車場に停めた大きなワゴン車に乗り込み二人で乗って行きました。
また僕がいつも行くショッピングセンターは駐車場が広いのですが、店舗の入り口から離れたところにある駐車位置の近くにはショッピングカートが置きっぱなしになっている光景を見かけます。
世の中の公共心と言いますか、公共マナーを守る心が段々と失われているよう気がして悲しい気持ちになります。


結局、柳瀬元秘書官の参考人証言でもなにも変わらないようです。野党は「これで疑問が深まった」などと言っていますが、今の状況ではどれだけ追及をしてもこれ以上進展しないのではないでしょうか。柳瀬元秘書官の証言について愛媛県の中村知事が強く反応していますが、僕などはその反発の姿勢になにかほかの意図を感じてしまいます。

評論家の中には「家計学園問題ばかりを追及していると、ほかの審議がおろそかになる」と発言している人もいます。たぶん一般の人の中にも同じような考えと言いますか、「飽きてきた」人も多いように思います。詰まるところは、自民党の議席が安泰である状況が根源です。そして、そうした状況を選んだのは僕たち国民です。

確かに、選んだのは僕たちですがその選択肢しか示せない野党にも責任があります。たぶんいくらかでも政治に関心のある人ですと、自民党以外の政党に政権を任せることにためらいを感じていることが原因でしょう。あまり政治に関心のない人ですと、自分の身の回りのことについて言うなら「直接的な不利益をこうむっていない」と思っていることが理由です。そして、意外にこういう人は少なくないのが現実です。

今でも世界各地で紛争地域が起きており、そこで暮らしている人たちは苦しい生活を強いられています。そういう人たちに比べますと、今の日本の状況は幸せな環境です。お腹が空いたらコンビニで食料を買うことができますし、お金に余裕がある人ですとおしゃれに関心を持ったり趣味に時間を費やすつことができます。このような日本ですので家計学園問題を追求し続ける野党の姿勢に疑問を感じるのも当然と言えそうです。


平和な国家、日本の中である程度満足できる生活を送っている人が世界に関心を持つのは困難です。シリアで難民として苦しんでいるクルド人やミャンマーで虐げられているロヒンギャ族の人たちの悲惨さをニュースで知ることができても少しの間同情心が芽生えて、それでおしまいです。

おそらくこのような人は日本だけではなく、いわゆる先進国で生活をしている人の大半のはずです。今世界を見渡しますと、民主政治を行っているほとんどの国で極右政党と言われる政党が伸張しています。排他的で民族主義的で自分たちだけの幸せを求める政党ですが、そうした政党を国民が支持しています。しかし、その選択には世界という視点が欠けています。「自分たちだけが幸せならばそれでよい」という発想です。

トランプ大統領は「アメリカ ファースト」と叫んで当選しました。アメリカさえよければそれが幸せという主張です。この発想の裏返しは「世界がどうなろうが知ったことではない」です。かつてアメリカは「世界の警察官」を標榜していましたが、現在はそこまでの国力がなくなっています。それが「アメリカ ファースト」につながっているのですが、警察官とまでは言わなくとも視点を世界に向けることは必要です。なぜなら、世界で戦争がはじまると最終的には人類全員が損失を被るからです。

次に世界戦争が起こったときは地球の破滅であるのは間違いありません。核爆弾を持っている国が揃って核のボタンを押したならそうなるしか道はないからです。それなのにトランプさんは米国大使館をエルサレムに移転させるという決定をしました。そのトランプさんは選挙で選ばれている正当な大統領です。

米国大使館をエルサレムに移転することは中東を不安定にする要因でしかありません。そこには「アメリカ ファースト」の視点しかありません。中東の不安定は世界の不安定につながります。下衆な話ですが、中東が不安定になりますとガソリンが高くなり僕の仕事に悪影響があります。このように書きながら、僕にも「自分ファースト」の発想があるようで申し訳ない気持ちになりました。

最近、僕が最も印象に残っている言葉は町山智浩さんの言葉です。町山さんは映画評論家として有名ですが、ラジオを聞いていましたら「民主主義は少数派を見殺しにするシステムだ」と話していました。多数決の論理は知っていましたが、町山さんのように激しい言葉で説明されますと、驚かされます。

多数決では一応「少数派の尊重」などという付則も言われますが、現実は多数派だけの意見が通るシステムです。ですので、少数派の人の意見は常に実現することはできません。町山さんはそのことを強く話していたのですが、まさに正論です。少数派はいつまでたっても損な立場から逃れることはできなくなってしまいます。

そこで重要になってくるのが視点です。「自分たちだけが幸せになる」という視点ではなくもっと広い視野で考えることが必要です。みんなが「人類みんなが幸せになる」という視点で投票をするなら世界を平和にする政治家が選ばれると思います。

ここ最近のトランプさんの行動を見ていますと不安になることが多々あります。戦争って簡単に始まりそうもありませんが、始まるときはちょっとしたきっかけでも始まることがあります。みんなが「人類 ファースト」で考えればいいのになぁ。

でも、悟空なら「宇宙 ファースト」って言いそうだな。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:33 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

<今は昔>

ゴールデンウィークもとうとう終わってしまいましたが、皆さんはどのようなゴールデンだったのでしょうか。また明日から普通の日常がはじまります。

さて、昨日お風呂から上がり居間に行きましたところ妻が卓球の世界大会を見ていました。僕が見たときはちょうど伊藤美誠選手が中国の劉詩選手と試合を始めるところでしたが、試合がはじまったとのあまりの面白さについ最後まで見てしまいました。

卓球と言いますと、なんとなく暗くマイナーなイメージがあり、テレビには不向きな感じがしていました。ですが、ラリーの速さは見ごたえのある映像になっていました。あの速いボールの行き来は見ている人を興奮させるものがあります。

この試合は卓球の世界大会だそうで、僕が見たのは団体戦の決勝戦でした。団体戦は5試合を戦う中で先に3勝したほうが勝ちになるそうです。伊藤選手は1番手として出てきていましたが、相手の劉詩選手は日本人相手に30戦以上連勝をしている強敵だそうです。その相手になんとフルセットの末に勝利をしたのですが、勝利の瞬間僕は思わず「おお!」と声を上げてしまいました。

結局、最終的には団体戦としては3対1で敗れてしまいましたが、日本の健闘は褒め称えられてよいのではないでしょうか。しかも選手の平均年齢が若いということはこれからの日本卓球界に期待を持てることを意味します。

それにしても卓球がこれほどテレビの映像に向いていると感じたのは驚きです。テレビ局は東京12チャンネルでしたが、主要キー局でないところが今のテレビ界の一面を表しているように思います。主要キー局の方々は卓球の魅力をきちんと理解するまたは感じる感性に欠けていることになるからです。

そのテレビ業界でここ数年言われていることがフジテレビの凋落です。僕が20代30代の頃はフジテレビが絶頂の時期でしたので現在の絶不調が不思議でなりません。フジテレビの絶頂期と言いますとフジサンケイグループの鹿内一族の興亡が思い出されます。これを書きますと長くなりますので飛ばしますが、鹿内一族のお話は若いビジネスマンには興味深く感じること間違いありません。

それはともかく先日もヤフートピックで4月からはじまったフジテレビのドラマがすべて視聴率が一桁であったことが報じられていました。今の時代は昔と比べて視聴率が全体的に低くなっていますが、それを差し引いてもすべてのドラマが一桁というのはやはり注目されます。

僕はフジテレビの現在の状況を最も象徴しているのは林修先生の起用方法だと思っています。林先生とは「いつやるの?今でしょ」で有名な林先生ですが、林先生はフジテレビのほかにはTBSとテレビ朝日にレギュラーを持っています。この3つの局で林先生の魅力を引き出し切れていないのがフジテレビだと感じていました。

最初に林先生の魅力を引き出していたのはテレビ朝日でしたが、TBSも当初は試行錯誤していた時期がありましたが、現在はその時期を脱した感があります。「林先生が驚く初耳学」は当初、このような番組が成り立つのか疑問に感じていましたが、現在は見ごたえのある番組になっています。

今春よりフジテレビもようやく『林修のニッポンドリル』という林先生を前面に押し出した番組をはじめましたが、遅きに失した感は否めません。たぶん今の状況をフジテレビがどんなに頑張っても覆すことはできないのではないでしょうか。そのような流れが固まってしまっていて、時間が過ぎるのを待つしか術はないように思っています。

ちょっと古い話になりますが、かつてビール業界はキリンビールの独壇場でした。1987年にアサヒのスーパードライが発売されるまで首位をダントツで独走していました。それまでアサヒやサッポロなどがどんなに頑張っても追いつけない壁として立ちはだかっていました。

今の若い人には信じられないでしょうが、シェアが60%以上もありましたので「もしかしたら独占禁止法で分割されるかも」などと言われるほど強かったのです。そのキリンビールを追い落としたのがアサヒのスーパードライでした。当時の経営関連の本には必ずスーパードライの成功について書かれていましたが、そのきっかけを作ったのが樋口廣太郎氏でした。樋口氏は住友銀行の副頭取から天下ってきた方ですが、負け根性が沁みついていた企業を立ち直らせたことでも有名になりました。樋口氏はアサヒビールの中興の祖と言われています。

少し寄り道をしますと、樋口氏がアサヒビールで成功したことは「ビジネスマンの人生」という意味でも注目を集めました。銀行というところは出世競争が激しいのですが、その中でも最大手の一つである住友銀行での出世競争の激しさは半端ではありません。副頭取から取引先の企業に天下るということは出世競争に負けたことを意味します。しかも、当時アサヒビールは赤字に苦しんでいましたので、決して優良企業とは言えない企業でした。その企業に天下って復活させたのですからビジネスマンの人生という意味においてもダイナミックは生き方でした。財界人としても見事復活した姿を世の中に見せました。

住友銀行はこのあと世間を揺るがす大事件を起こすのですが、もし樋口氏が銀行で順調に出世して頭取になっていたなら人生後半の栄光は得られなかったでしょう。名経営者という称号を得られたのは出世競争に負けたからとみることもでき人生の不思議さを思わずにはいられません。

話しを戻しますと、キリンビールはアサヒがスーパードライを発売してから一気にシェアを落とすのですが、その後かつてのような独壇場を築くことができないどころかアサヒの後塵を拝するほうが多くなっています。今ではアサヒと抜きつ抜かれつの関係ですが、これが普通の時代になっています。

ビール業界に限りませんが、今の時代はある一つの企業が独壇場を築くという時代ではなくなりつつあるようです。唯一それが可能なのはインフラに関する業界です。具体的には、IT業界におけるプラットフォームのことですが、これさえも次々に新しい技術が生まれることで確実ではなくなってきそうです。

昭和の戦後「君の名は」というラジオドラマが放送されていた時間帯は女風呂が空になると言われていました。ほとんどの女性がラジオの前でドラマを聞いていたからです。しかし、このような時代は「今は昔」です。楽しみが多種多様し、メディアも多様化した今の時代は低いシェアでも長続きできるようなもの、つまり低いシェアでも利益を出せる構造なりシステムを確立することが重要になってくるのではないでしょうか。

そんなことを考えたゴールデンウィークでした。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 14:54 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする