2018年09月23日

<デジタル機器>

僕は数年前から好きな音楽をYouyubeからダウンロードして楽しんいますが、残念なことにYoutubeにアップされていない楽曲もあります。僕の好きな曲ベストファイブの一つにサザンオールスターズの「真夏の果実」があります。この楽曲を本人の声で歌っているものを録音したいとずっと思っていたのですが、実現できないでいました。

桑田さん本人ではなく、ほかの人がカバーした「真夏の果実」は録音しているのですが、僕は桑田さんのあのしわがれた声が大好きですので満足することはできませんでした。1ヶ月に1度くらいの頻度で本人の声でアップされていないかをチェックしていましたが、出会うことがありませんでした。

ところが、先日Youtubeではなかったのですが、本人の声で歌っている「真夏の果実」に出会うことができました。僕は大喜びですぐに録音をすることにしました。僕がネット上の楽曲を録音する方法はオンラインでダウンロードするツールを利用する方法です。このツールは無料ですのでとても便利なのですが、欠点は楽曲によっては制限がかけられていてダウンロードができなことがあることです。残念ながら「真夏の果実」はダウンロードできない状態になっていました。

しかし、本人の声で歌っている「真夏の果実」をネットで見たのも初めてです。簡単にあきらめるわけにはいきません。そこでスマホの録音アプリを使って録音することを考えました。僕は昭和の人間ですが、昭和の人間がテレビから流れてくる好きな歌を録音しようと思ったときはテレビの前にカセットデッキを置いて録音するのが普通でした。もちろん雑音が入らないように家族には絶対に静かにしてもらっていました。

今の若い人からしまうと笑い話にしか聞こえないかもしれませんが、これしか方法はがなかったのです。この方法の最大の欠点はどんなに家族に静かにしてもらっても音質がよくないことです。如何せんテレビの音が出るスピーカーの前にカセットデッキを置くだけですので音質が悪くなるのは仕方のないことでした。

このような経験がありましたのでパソコンのスピーカーの前にスマホを置いて録音するやり方もちょっと無理があるかな、とは思っていました。そして、実際にやってみますと、案の定予想以上に音質が悪い状態の録音がされていました。

そこで次に考えたのはイヤホンジャックからコードを使ってスマホに録音させる方法です。ところが、人間の耳につながるイヤホンコードは持っていましたが、両方がピンになっているコードは持っていませんでした。「困ったな…」と思っていますと、ある考えが浮かびました。

「わざわざスマホで録音するんじゃなくて、パソコンの録音ソフトで録音すればいいんじゃん!」(江戸っ子の口調で読んでいただくとうれしいです)

僕は期待に胸を膨らませ、パソコンに入っているレコーダーを起動しました。そしていよいよサザンの楽曲をスタートさせ、録音開始のボタンをクリックしました。最初は練習のつもりでしたので1分ほどでやめて、録音したファイルを再生することにしました。

僕はじっと耳を澄ませ、イントロの音が出てくるのを待ちました。しかし、待てども待てども一向に音が出てこないのです。悲しいことに録音はなされていなかったようです。

僕は考えました。以前自分の声をマイクを通して録音したことがありますが、そのときは無事に成功しています。それが今回録音できていないということは「音源の設定に問題があるのではないか」と推測しました。そこでググってみますと、やはりミキサーをオンにする必要があることがわかりました。そこにはやり方も書いてありましたので説明どおりに設定し、最初に戻って「真夏の果実」を録音しますと、実にきれいに録音されていました。大成功です。

今回、このやり方を知ったのは大きな意義があります。これまでもダウンロードしたい楽曲があった場合でも制限がかかっておりダウンロードできないことが多々あり、あきらめていました。しかし、今後は楽曲さえ見つけられたならダウンロードの可否にかかわらず録音ができることになります。これで一気に世界が広がった気がしています。


あと一つ音楽を聴く関連で発見がありました。僕はスマホに音楽を入れていますので車内でたまに音楽を聴くことがあります。スマホのスピーカーは音量が小さいですので車内で聴くには物足りない感じがありました。そこで知ったのが100均で販売されているスマホの音量を大きくするグッズです。これが意外に便利で十分使える代物でした。

このようにして音楽を聴いていたのですが、僕のスマホには大きな問題がありました。それは、安物ですのでバッテリーの容量が少ないという弱点です。スマホで音楽を聴いていますと一気にバッテリーが減ってしまうのです。僕はそれが気になって仕方ありませんでした。そこで息子が使わなくなっていたデジタルプレーヤーを利用することを思いつきました。

しかし、デジタルプレーヤーは基本的にイヤホンで聴くものですからスピーカーがありません。そこで100均で売っている小さなスピーカーがありましたので試したところ、音量がとても小さく実用的ではありませんでした。やはりアンプが入っていませんとスピーカーの役割を果たせないようです。そこで、また考えました。

僕はコロッケ店を営んでいたときに店先に音楽を流していました。やはり店先は活気がありませんと暗いイメージになります。明るい元気な音楽は必要です。そのときに乾電池式の小さなスピーカーを買っていたのですが、そのスピーカーを車内に置くことを思いつきました。乾電池式でしたが、十分にスピーカーの役割を果たせる機能がありました。僕は満足していました。

ところが、使い始めて少ししますと今一つしっくりこないものを感じていました。スピーカーの大きさは縦横高さが3〜5センチほどでしたので助手席に前の物入れの中に入れていました。大きくありませんのその場所にすっぽりと入ってはいたのですが、場所をとることが気になりだしました。そこで、僕はまた考えました。

僕は今2代目のスマホを使っているのですが、2代目を購入する気持ちになったのは壊れたからではなく、ストレージの容量が小さかったからです。アプリで満杯になりヨーカドーのアプリの更新ができなくなっていました。そこで容量の大きい機種に変更することにしたのです。

つまり、前に使っていたスマホはまだ使える状態なのです。僕は前のスマホを音楽を聴く専用の機器にすることにしました。こうすることで新たにスピーカーを置く必要もなくなりましたし、機器の扱いに困ることもありません。実は、デジタルプレーヤーはとても小さいので指でタップするのがやりにくいという欠点がありました。車を運転しているときに使うには適していない大きさのように感じていました。それに比べてスマホですと、ごく普通に扱うことができますので気軽に音楽を聴くことができます。

現在は音楽を聴きながらのドライブを楽しんでおります。

以上2点、おじさんのデジタル日記でした。

じゃ、また。

スポンサーリンク


posted by satoaki at 15:19 | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする